会社の面接で「自分を動物に例えてください」と言われた時に答える動物ランキ

写真拡大

 会社の面接時の質問は多種多様。中には「なぜそんなことを聞くの?」と思ってしまう質問もあります。今回は、会社の面接で「自分を動物に例えてください」と言われた時に答える動物について、みなさんにアンケートをとってみました。

■会社の面接で「自分を動物に例えてください」と言われた時に答える動物ランキング
1位: ナマケモノ
2位: イヌ
3位: オオカミ
3位: カメ
5位: イノシシ

6位以降を見る

 1位に選ばれたのは、《ナマケモノ》。木の枝にぶらさがり、気ままにスローライフを満喫するナマケモノは、穏やかな性格を表したい時にぴったりですよね。しかし、テキパキと働く有能ビジネスマンとは、真逆のイメージを持つ動物でもあります。面接の時にナマケモノを挙げる際は、「でもやるときはやります」というアピールを忘れずに。また、同率3位には《カメ》がランク・イン。ウサギとカメという童話にもあるように、亀は一歩の歩みは遅いものの、着実に事を進めていく動物という印象があります。「のんびりしている」というイメージも強い動物なので、やはり「いざという時の姿は“猪突猛進”のイノシシに似ています」などの補足は必要かもしれません。動物で自分の特性を伝えつつ、「うちの会社の役にたってくれそうな人材だな」と思ってもらえるように、意気込みも加えたいところ。
 なお、「動物」に抱くイメージは、人によって異なる場合があります。「○○に似ている」という例を挙げる時は、自分が感じている動物の印象を説明し、齟齬が生じないように丁寧に理由を説明するように心がけてみてはいかがでしょうか。

調査方法:アイブリッジ株式会社(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年9月18日〜9月22日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)