ビジネスクラスではフルフラットシートを導入

写真拡大

新型シートを備えた日本航空(JAL)のボーイング787型機が2014年12月1日から就航するのを前に、11月29日に成田空港で報道陣にお披露目された。JALは「SKY SUITE(スカイスイート)」シリーズとして大型のボーイング777型機と中型の767型機に新型シートの導入を進めており、今後JALに納品される787にも新型シートがつく。

JALの国際線を飛ぶ中型機はビジネスとエコノミーの2クラス制が大半だったが、新しい787ではプレミアムエコノミーを加えた3クラス制になる。ビジネスクラスでは、777や767と同様に座席が完全に水平になるフルフラット型を導入した。

エコノミーは2-4-2の横8列で座席あたりの幅が広いのが売り

787を導入する多くの航空会社では、エコノミークラスでは3-3-3の横9列と2-4-2の横8列が混在するなか、JALは横8列に統一してきた。横9列よりも横8列の方が1座席あたり幅が5センチ程度広くとれるとされる。新しい787でも横8列を維持し、前後間隔は5センチ広くなった。

新シート付きの787は、12月1日に成田-フランクフルト線、15年1月から成田-ニューヨーク線に就航する予定。

ファーストクラスとビジネスクラスには、チョコレート専門店「ジャン・ポール・エヴァン」によるJALオリジナルマカロンが登場し、プレミアムエコノミーとエコノミークラスにはスープ専門店「スープストックトーキョー」とコラボしたメニューがお目見えする。