Lookoutsite

写真拡大 (全9枚)

スマホの個人情報は己で守る!

皆様、Lookoutという無料セキュリティアプリをご存知でしょうか。

最近auのXperia Z3に変更した筆者はそれまでこのアプリの存在を知らなかったのですが、どうやら2014年10月以降に発売されるau製スマートフォンには標準でインストールされていくようです(当サイト紹介記事)。

Lookoutの公式サイト、アプリはAndroid版とiOS版が存在します。

Android版では端末位置を地図上に表示する機能、自動で電池切れをお知らせする機能、紛失時にマナーモードでも遠隔からアラーム(警報音)を発砲する機能など、

万が一の時に安心のセキュリティアプリです。ではLookoutを実際に使ってみましょう。

アプリを起動させる

Lookout for auを起動。

アプリ一覧画面からLookout for auを探して起動しましょう。

Lookoutの初期画面。

基本機能として

セキュリティーーインストールを行うアプリに対してウイルスチェックを行う

バックアップーー電話帳のバックアップを行う

端末捜索ーー端末の位置情報を利用し盗難・紛失時に端末を捜索したり、警報音を鳴らす

の3種類があります。有料版にアップグレードするとさらに画像のバックアップ、盗難アラート、個人情報保護機能などが追加されますが、ひと通りのセキュリティ機能は無料版で使用することができます。

Lookoutにログインする

セキュリティとバックアップはアプリがインストールされていると標準で自動実行されますので(※設定で変更可能)今回はスマホがなくなったことをイメージしてPCから端末を捜索してみます。Lookoutサイト(http://www.lookout.com)をPCから表示させます。

Lookoutのログイン画面。

右上のログインをクリックすると上図の画面が表示されます。ここでのIDとパスワードはAndroid端末で使用しているGoogleアカウントと同一です。

ログイン後の画面。Lookoutの動作ステータスがわかる。

ログインが終わればあとは端末捜索を押すだけ。(事前にAndroid側で位置情報をONにしている必要があります)端末発見。各種の操作が行える。

無事に端末が発見できました!ここからはいくつかの選択肢があります。

警報……大音量の警報を鳴らして端末の位置を特定する。ロック…他人が拾っても勝手に操作できないように(任意の)暗証番号でロックをかける。またロック画面にメッセージ(連絡先など)を表示させることも。ワイプ…どうしても端末が見つからなかった時にデータを遠隔から消去する機能(Android 4.3以前の端末のみ対応)

ここで一つ気をつけなければいけないことですが、ロック機能を使った場合「おサイフケータイ/NFC」の機能もロックされてしまいます。Lookoutの画面に表示される暗証番号でロックを解除しても、そのままではおサイフケータイ/NFCが使えませんので設定した暗証番号か、初期状態の暗証番号を別途入力する必要があります。

※ちなみにXperia Z3の場合は初期番号が「1234」になっていました。

何かあればメールも届く

Lookoutのホームページから何らかの操作を行う、あるいはスマートフォンの電池が少なくなった時、Lookoutアプリは登録されたメールアドレス宛に各種のお知らせを自動送信してくれる親切設計。

スマホ側の端末捜索画面。警報や検索の事前確認として。

無料機能と有料機能の比較。

まとめ

いかがだったでしょうか。こういったセキュリティアプリにつきまとう心配ごととしてバッテリーの持ち具合が不安になる方も多いと思われますが、筆者の場合Xperia Z3を使っていて2日は充電をせずに運用できております。無料ですしこの機会に是非Lookoutを使ってみては?

「あっ、出かけてるときどこかでスマホを落としちゃった!」そんなシーンがいつ訪れるかわかりません。転ばぬ先の杖として私は強くLookoutのご利用をオススメいたします。

また余談となりますがauのスマートパスあるいはauスマートサポート会員のユーザーの場合、紛失したスマートフォンの位置検索や遠隔ロックのサポートをオペレータが代行で行ってくれるサービスが実施されています。