写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイバーエージェントが運営する「Ameba」はこのほど、「2014年の女子中高生流行語」に関する調査結果を発表した。同調査は、10代女子向けに提供するコミュニティサービス「CANDY」「メイクme」「Palette」を利用する現役女子中高生を対象として11日〜18日に実施。1,375名の回答を得た。

○流行語1位は「ダメよ〜ダメダメ」

「2014年に流行した『言葉』」のランキング1位は、女性お笑いコンビ「日本エレキテル連合」のネタ「ダメよ〜ダメダメ」が、2位以下に大きな差をつけてランクインした。5位にもお笑いコンビ「どぶろっく」による持ち歌「もしかしてだけど」が入った。

一方で、テレビ、映画などのコンテンツに関連した言葉も豊富な1年となり、2位の「レリゴー」は、ディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌である「レット・イット・ゴー」の歌詞。3位にもテレビアニメ「妖怪ウォッチ」の主題歌「ゲラゲラポーのうた」の歌詞がランクインした。

上位5位の中で唯一、独自の"JCJK語"として4位にランクインした「かまちょ」は「かまってちょうだい」の略語。リアルでの会話に加え、TwitterやLINEといったコミュニケーションツールにおいても活用された。自分がかまってほしいときに使うほか、かまってほしがりな友達に対して「あの子かまちょすぎじゃない?」と使うなど活用形も見られた。

6位以下は「KS」「秒で」「OC」「TOKIO力」「微レ存」の順だった。

○流行っていたモノ・コトの1位は「壁ドン」

「流行っていた『モノ・コト』」のカテゴリで1位となったのは「壁ドン」。恋愛漫画などでよく見られるシーンとして、2013年頃からSNSを中心として話題になった。9位にランクインした「顎クイ」も同じく、恋愛漫画発の女子がときめくシチュエーション。こちらも再現写真がSNSに多く投稿されている。6位の「スクールラブ」に関しては、学校生活の思い出に黒板や教室を使ってカップルや友達同士で写真を撮影するというもの。

また、JCJKのコミュニケーション手法の変化が反映されているのは、7位の「LINE歌詞ドッキリ」。恋愛ソングの歌詞を一行ずつ好きな人に送って、時には告白までもを含めて、相手に気持ちを伝える新しいコミュニケーションの形で、一行ずつ送られるため、歌詞であることに相手が気付かず、ドキッとさせることからこのネーミングとなった。

その他、2位は「妖怪ウォッチ」、3位は「TSUM TSUM」、4位は「テラスハウス」、5位は「双子コーデ」、8位は「自撮り棒」、10位は「半顔メイク」となった。

(エボル)