KIANの得意な寝姿は、まるで椅子に座ってパソコンを操作しているような格好だ【撮影/志賀和民】

写真拡大

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営しながら、仕事のパートナー一家と一緒に暮らす志賀さん。孫のような存在であり、友人でもある4歳半のKIANとの生活のなかで見つけた生きがいとは?

 ずいぶん前のことだが、日本人が経営する孤児院を訪問した際、思いがけず感動して、自分もいつか孤児院を運営しようと思った。現役を引退したら、ビコールの農場の一角で孤児院を運営するつもりでいた。人生の終盤にさしかかると、「人は他人(ヒト)のために生きる」と思うようになってくるようだ。

 その後、息子が農場を継ぐと言いはじめた。フィリピンを基盤にして、日本へは1年の半分ぐらいを出稼ぎに行くという。いずれはフィリピーナと結婚して、子どもは3人つくると宣言してもいる。そのころには私も現役を引退して、農場で余生を送ることになっているだろう。そうなると、孫たちを面倒見るのは第一は母親だろうが、息子は日本に出稼ぎに行くのだから、父親代わりは私しかいない。

 たとえ父親が日本人でも、フィリピン人の母親やその家族と暮らしていたのでは、瞬く間に現地人化して、日本人としてのアイデンティティーを失ってしまう。日本に行っても、たどたどしい日本語では「変なガイジン」になってしまうので、日本語はネイティブでなければならない。

 英語、そしてタガログ語、さらに地元のビコール語は、放っておいてもこなすようになるだろう。だが日本語だけは私の役割なので、家では日本語しか使わないというルールのほか、テレビの日本語放送など常に日本語に接する環境を用意するつもりだ。日本語の読み書きもインターネットで自習させなければならないだろう。

 そんなことを考えていると、子育てが私の引退後の生きがいとなるだろうと、喜んでいる自分を発見した。子育ては両親だけで行なうものではなく、家族全員がをれぞれの役割を担うべきだ、というのが私の持論だ。

 仕事の相棒のジェーンの息子KIANとの4年半の暮らしで学んだものは、たとえ他人の子どもであっても、子育ては楽しいということだ。べつに何の 見返りを期待するものではないが、KIANと一緒にいるだけで人生の充実感を覚え、与えるというより、受け取るもののほうが多い。

 KIANの喜びが私の喜びであり、幸せだ。カラオケでGRO(ホステス)を相手にしているよりも、KIANを相手にしているほうがよほど楽しい。今やKIANは私のベストフレンドだ。

 甘やかしすぎるという感は大いにあるが、KIANの母親(ママ・ジェーン)あるいは姉(アティ・キム)がきびしく対応しているので、良いバランスだと思っている。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)