3Dプリンター、宇宙へ。初めてつくられたプロダクトは

写真拡大

無重力空間で使える3DプリンターがISSに設置され、初めて実際に部品が作られた。宇宙のオンデマンド機械工場で部品を製作すれば、交換部品を地球から送る必要がなくなり、将来の深宇宙探査ミッションにも役立つと期待されている。

11月24日(米国時間)、国際宇宙ステーション(ISS)に設置された3Dプリンターが稼働し、宇宙で初めて3次元の物体が製作された。

「3Dプリンター、宇宙へ。初めてつくられたプロダクトは」の写真・リンク付きの記事はこちら

この3Dプリンターは、無重力空間での使用を前提に開発されたもの。9月23日にISSに到着したあと、NASAの宇宙飛行士バリー・ウィルモアが11月17日に設置し、最初の較正テストを実施。20日には地上管制チームから送られたコマンドを用いて、2回目の較正テストが行われていた。

そして、設置から1週間後の24日、地上管制チームがこの3Dプリンターにコマンドを送って、宇宙で初の3Dプリント部品の製作に成功した。


TAG

3D PrintingISSMaker MovementSpaceVideoWiredUK

宇宙で初めてつくられたのは、3Dプリンターの成形機ハウジングのフェイスプレート(銘板)だった。このフェイスプレートには、今回のプロジェクトの実現に関わった2つの組織のロゴマーク、「NASA」と「Made In Space」が刻まれている。

Made In Space社は、この3Dプリンターを開発した米国のヴェンチャー企業だ(もともとは2010年夏に、NASAエイムズ研究センターに本拠を置く教育機関「シンギュラリティ大学」に集まった学生たちのプロジェクトとしてスタートした)。

この実験は、宇宙のオンデマンド機械工場の開発に向けた第一歩であり、最終的には宇宙で必要な部品を製造する(つまり、地球から部品を送る必要がなくなる)ことで、将来の深宇宙ミッションの実現と促進に役立つと期待されている。

最初に製作する部品として、3Dプリンターそのもののフェイスプレートが選ばれたのは、実際にさまざまな交換部品の製作を3Dプリンターに頼るとすれば、何よりもまず、3Dプリンターが自分自身の交換部品をつくれなければならないからだ。

こうして初めてISSでつくられた部品は、2015年に地球へ持ち帰られて、地球上で3Dプリントした同一部品との比較検証が行われる。宇宙での3Dプリントにおいて、微小な重力がどのような影響を及ぼすかを精密に評価するためだ。