テレサ・ルー、猛チャージで単独首位に浮上!(撮影:ALBA)

写真拡大

<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 初日◇26日◇宮崎カントリークラブ(6,428ヤード・パー72)>
 国内女子ツアーの今季最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の2日目。初日3アンダー4位タイつけたテレサ・ルー(台湾)が5バーディ・ノーボギーと猛チャージをかけ、通算8アンダーまで伸ばし単独首位に浮上した。

 通算5アンダー2位には香妻琴乃。続く通算4アンダー3位タイには成田美寿々、申ジエ(韓国)、渡邉彩香、穴井詩の4人がつけた。通算3アンダー7位タイには原江里菜、笠りつ子、O・サタヤ(タイ)ら5人がつける。さらにアン・ソンジュ(韓国)、イ・ボミ(韓国)、上田桃子、大山志保、李知姫(韓国)が通算2アンダーで並び12位タイとしている。
 
 その他、森田理香子が通算1アンダー17位タイ。アマチュアの勝みなみが通算3オーバー24位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>