クリスマス演出するドライブデート、女性が気にするのはいいクルマよりいい香り

写真拡大

家庭用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は、20代と30代それぞれ150人ずつ計300人の独身女性を対象に「ドライブデート」についての意識調査を行い、2014年11月28日にその結果を公表した。女性が車を使ったデートで気にするのは、車種などよりも「車内のニオイや香り」が圧倒的であることが分かった。

ファブリーズシリーズのP&Gが20〜30代女性に聞く

「ドライブデートの際にクルマに関して重視すること」の選択肢のうち、「とても重視する」のチェックが最も多く集まった(40.3%)のは「車内のニオイ・香り」。「どちらかというと重視する」を合わせると、91%が「重視」しており、男性にとっては車内の脱臭は欠かせないデートのエチケットといえる。

男性の側からは、車のクラスやモデルへのこだわりをアピールしたいところだろうが、車種に注目している女性は38%、高級車かどうかを気にするのは12%にとどまった。

女性にとっては、車内のニオイ・香りは単なるマナー以上のよう。車内がいい香りだと「相手への好感度が高まる」割合(89.3%)は9割に近く、7割以上の人が「次もデートしたいと思う」(74.7%)ようになるのだ。さらには2人に1人(49.0%)が「付き合ってもいいと思う」と考えるようになるという。

女性がドライブデートに求めることは「イイ車よりいい香り」。マーケティングライターや世代・トレンド評論家としても活動している牛窪恵さんは、男女の恋を育むきっかけになるキーワードの一つとして「好みの香り」をあげる。「一般にいまの20〜30代は五感に長けており、いろんなシーンで香りや触感が『自分好みであるかどうか』をチェックします。男女問わず、若い世代に香りのよい柔軟剤や芳香剤が売れているのも、そのためです」という。

ワンランク上のカーフレグランス「プレミアムクリップ」

なお、今回のP&Gの調査では、自動車用の消臭・芳香剤として、同社のエアケアブランド「ファブリーズシリーズ」(61.3%)が支持を集めた。若い女性たちの自動車の消臭・芳香剤の重視点は「好みの香り・よい香りであること」(83.0%)「消臭してから香らせるものであること(においが混ざり合わないこと)」(81.7%)「自分好みに香りの強さを調整できること」(67.7%)「おしゃれなデザインであること」(51.7%)の順。

同シリーズからは2014年8月に「上質な香りを実現したワンランク上のカーフレグランス」という「ファブリーズ プレミアムクリップ」が発売されているが、同製品は女性からの支持を集めているという。