Dysonに継承されるイノヴェイションの遺伝子

写真拡大

従来の仕組みやものの考え方を徹底的に疑い抜くことで、普遍的な製品であっても課題を発見し、再発明する。常に問題解決を探求するそんなアプローチは、ジェームズ・ダイソンが最初の製品である「DC01」を開発した21年前から変わることがない、同社のR&Dの真髄と言えるだろう。そのDNAを受け継ぐ「新世代のエンジニア」たちの言葉から、Dysonが見つめるエンジニアリングの未来を伺い知る。(雑誌『WIRED』VOL.14より転載)

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「Dysonに継承されるイノヴェイションの遺伝子」の写真・リンク付きの記事はこちら
img_4616a

2/6「量産品であることを設計段階から意識しろ」| マイク・オールドレッド | ロボット工学主任 | 製品を利用する不特定多数のユーザーに対して安価で最適なものを提供することが、ダイソンの価値観のベースにある。誰もが手にしやすい製品は、機能(とそこから生まれるデザイン)がシンプルでなければならない。

166c2050

3/6「エネルギー効率は常に改善課題である」| マーティン・ピーク シニア デザインエンジニア | 消費電力の軽減は、喫緊の課題のひとつ。だからこそダイソンは、低電力でよりパワフルなモーターの開発に対し常に心血を注いでいる。それには新しい解決策に挑戦し続ける継続的なR&Dが重要だ。

img_4389

4/6「妥協せず本質のための決断を」| ポール・フィンケルシー | コードレス&ロボット製品開発部責任者 | ダイソンが製品開発において判断すべきポイントは、「エンジニアとして満足できているものかどうか」という点。浪費した時間や労力等の「サンクコスト」を考えず、課題解決のために何が必要かだけが重視される。

img_4437

5/6「生活者を徹底的に調査せよ」| アンドリュー・マカラック | シニア デザインエンジニア | ダイソンでは、定期的に一般家庭を訪問し、製品の使用状況などを調査している。人が普段どのような点に課題を抱えているのかを見つけるための地道なエスノグラフィ(行動観察)の積み重ねから、製品は生まれている。

img_1960

6/6「手が汚れていない者はエンジニアにあらず」| トム・ベネット | 新技術開発デザインマネジャー | エンジニアは誰しも自分のアイデアが正しいと考えている。ときにそれは実験によって覆されるが、とにかく自分の手を動かし、アイデアに改良を加え、洞察を深めることで成功が訪れる先例が、ダイソンには多く存在する。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN img_4293fpa

「エンジニアリングとは正しく機能すること」| サー・ジェームズ・ダイソン | 1947年英国ノーフォーク生まれ。ダイソン創業者、チーフエンジニア。1993年にダイソンを創業。サイクロン式掃除機「DC01」を開発。以後ハンドドライヤー、扇風機、ファンヒーター、加湿器などを、従来とはまったく異なるエンジニアリングで開発している。

img_4616a

「量産品であることを設計段階から意識しろ」| マイク・オールドレッド | ロボット工学主任 | 製品を利用する不特定多数のユーザーに対して安価で最適なものを提供することが、ダイソンの価値観のベースにある。誰もが手にしやすい製品は、機能(とそこから生まれるデザイン)がシンプルでなければならない。

166c2050

「エネルギー効率は常に改善課題である」| マーティン・ピーク シニア デザインエンジニア | 消費電力の軽減は、喫緊の課題のひとつ。だからこそダイソンは、低電力でよりパワフルなモーターの開発に対し常に心血を注いでいる。それには新しい解決策に挑戦し続ける継続的なR&Dが重要だ。

img_4389

「妥協せず本質のための決断を」| ポール・フィンケルシー | コードレス&ロボット製品開発部責任者 | ダイソンが製品開発において判断すべきポイントは、「エンジニアとして満足できているものかどうか」という点。浪費した時間や労力等の「サンクコスト」を考えず、課題解決のために何が必要かだけが重視される。

img_4437

「生活者を徹底的に調査せよ」| アンドリュー・マカラック | シニア デザインエンジニア | ダイソンでは、定期的に一般家庭を訪問し、製品の使用状況などを調査している。人が普段どのような点に課題を抱えているのかを見つけるための地道なエスノグラフィ(行動観察)の積み重ねから、製品は生まれている。

img_1960

「手が汚れていない者はエンジニアにあらず」| トム・ベネット | 新技術開発デザインマネジャー | エンジニアは誰しも自分のアイデアが正しいと考えている。ときにそれは実験によって覆されるが、とにかく自分の手を動かし、アイデアに改良を加え、洞察を深めることで成功が訪れる先例が、ダイソンには多く存在する。

どうして従来の掃除機は、吸引力が落ちてしまうのか。果たして扇風機に、羽根は必要なのだろうか。なぜロボットは、効率的に部屋を移動できないのか。

そんな、長らく「当たり前」とされ、課題とすら認識されていない問題点を発見し、エンジニアリングによって解決を試みる……。そのプロセスこそが、ダイソンから革新的プロダクトが生まれ続ける、研究開発におけるDNAだ。

吸引力が変わらないサイクロン式掃除機も、羽根のない「Air Multiplier™(エアマルチプライアー)」も、そして来春に発売が予定されているロボット掃除機に搭載された「360°ビジョンシステム」も、このプロセスを経て生まれてきた、革新的ソリューションにほかならない。

ダイソンをダイソンたらしめているDNAは、ほかにもある。ジェームズ・ダイソンが常々口にする、「Make it work properly(ものが正しく動くようにしろ)」もその1つ。

製品を開発する目的と、製品がもたらす効果を得るためのエンジニアリングを明確にすることで、不必要な機能を徹底的にそぎ落とせと告げるこの言葉は、いまや2,000人を超えるエンジニアを擁する企業へと成長したダイソンにとって、プロダクトアウトを貫き続けるためには忘れてはならない哲学に違いない。

そんなダイソンからこの秋、新しいカテゴリーを含む新製品が発表された。その担い手である5人の次世代エンジニアの言葉からは、ダイソンの次なる野心と変わらぬDNAが見えてくるはずだ。


TAG

DysonEngineerInnovationMagazineWIRED Promotion
SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN am09_blknk1000

1/3AM09「hot+cool」| エアコンとの併用、あるいはパーソナルユースといった「リアル」な使用環境に最適化された温風を送り出す、こまやかな設計が施された一台。

am10_whsil_01a6_1000

2/3AM10「hygienic mist」| 送り出されるミストを水の段階でUV-C除菌することで従来の加湿器では見過ごされていた健康面への諸課題をクリアした画期的な加湿器。

dc74_irnksbl_11a4_refw

3/3DC74「fluffy」| 従来の掃除機では取り除くことが難しかった、大きなゴミから小さなゴミまでを同時にかつ確実に吸い取る、革新的なソフトローラークリーナー。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN am09_blknk1000

AM09「hot+cool」| エアコンとの併用、あるいはパーソナルユースといった「リアル」な使用環境に最適化された温風を送り出す、こまやかな設計が施された一台。

am10_whsil_01a6_1000

AM10「hygienic mist」| 送り出されるミストを水の段階でUV-C除菌することで従来の加湿器では見過ごされていた健康面への諸課題をクリアした画期的な加湿器。

dc74_irnksbl_11a4_refw

DC74「fluffy」| 従来の掃除機では取り除くことが難しかった、大きなゴミから小さなゴミまでを同時にかつ確実に吸い取る、革新的なソフトローラークリーナー。

イノヴェイションのDNAは、どこまで受け継がれるのか?

INTERVIEW WITH HIROTO KOBAYASHI

ダイソンのいちばんの特徴は、コモディティとなり、誰もが「これ以上進化しないだろう」と考えていたカテゴリーの製品を、思いもよらぬエンジニアリングで「ずっと問題だらけだった」と気づかせてくれる点だと思います。流体力学を徹底的に研究したであろうエアマルチプライアーや、欧州で販売されている一瞬で水気が飛ぶ業務用ハンドドライヤーを最初に体験したときも、そうした驚きを感じました。

特許をもつデジタルモーターをコアエンジンとしつつ、常に新しい領域にチャレンジしているそんなダイソンの姿勢を見ていると、向上心のあるエンジニアであれば、各部署の思惑に惑わされることなく、エンジニアリングを極められ、非常にやりがいを感じるのではないかと思います。

そうした社風をつくり出しているのは、もちろんジェームズ・ダイソン(JD)でしょう。創業者でチーフエンジニアであるJDの存在はかけがえのないもので、スティーブ・ジョブズの代替ができないように、誰もJDの代替はできないはずです。ただ、エンジニアリングの理想像、言うなれば「ダイソンウェイ」のようなものは、形式知としてもそうでない部分でも、組織にしみ込ませることは可能でしょう。実際、最近の新製品が登場するまでのサイクルの短さは、「ダイソンウェイ」が行き届き組織が成長した証ではないでしょうか。

これが日本の会社の場合だと、創業者の一歩からさらに先を踏み出せず、過去の資産の浪費に終始してしまうケースが多いと想像します。創業者を目指してはいけないんです。目指すべきは、創業者の「求めるところ」なわけですから。そのためには、人事制度にせよ教育制度にせよ、常にプロダクティヴでいられる恒常的な仕組みをどうつくり出すか、あるいはどういうモチベーションをつくるか、ということが重要になってくるのですが、正直そこは、減点主義の日本企業が不得手な分野だと思われます。

その点ダイソンは、やはりプロダクトアウトを第一に考えていることがわかります。そして若いエンジニアたちの自信に満ちた発言を聞いていると、イノヴェーションのエコシステムが構築されつつあるのかなという印象をもちました。彼らが今後どのような製品を生み出して行くのか非常に興味があります。いちダイソンファンとしては、「そのカテゴリーはまだ進化するのか!」という大きなチャレンジを、ぜひ見てみたいものです。

小林弘人│インフォバーン代表取締役CEO、身体用3Dスキャンの会社、デジモ代表取締役。編集者として『WIRED』『サイゾー』「ギズモード」等を立ち上げる。近著に『ウェブとはすなわち現実世界の未来図である』(PHP新書)。

[各製品の詳細はダイソンのウェブサイトへ]