「アバター」続編は驚きの内容、ジェームズ・キャメロン監督が明かす。

写真拡大

ジェームズ・キャメロン監督が、映画「アバター」の続編は「驚きの内容」になると明かした。

2009年に公開された超大作「アバター」に続く続編3作は、現在プリプロダクションの真っ只中で、脚本に最終調整を加えているというキャメロン監督は、同作が驚くような展開になると話した。

「素晴らしいものになるよ。みんな口を開けて驚くと思うよ」

また、キャメロン監督はすでに数年間この3作に取り掛かっているが、ゾーイ・サルダナが先住民ナヴィのネイティリ役、サム・ワーシントンがジェイク・サリー役を続投するとが決定したことで、進展をみせている。

キャメロン監督は撮影法においては、1秒間に60コマを入れるというという噂を否定。1秒間に48コマで撮影されると明かしており、その理由は公開する際に「実用的だから」とエンパイア誌最新号に話した。

「60コマはビデオ市場にはよりよいセグエかもしれないって考えた時もあったけどね」
「少し古いシステムを使うから、現時点では48コマを使うのが筋が通っているね」

そんな待望の「アバター」続編は来年にも撮影開始され、2016年12月に公開予定だ。