【石黒 浩(ジェミノイド開発者)緊急参戦!】デスフェス、開催。クマムシからバイオアートまで!最新号特集「死の未来」リアルイヴェント(限定Tシャツ付き)

写真拡大

サイエンスやテクノロジーは、わたしたちの死をどう変えていくのだろうか。「死の未来」を特集した『WIRED』VOL.14の発売を記念し、4日間のトークイヴェントを開催。特集に登場した、生と死の定義を変えようとするキーパーソンたちが登壇する。参加者には、Death Fes.限定オリジナルTシャツをプレゼント。 12月5日にロボットエンジニア、石黒 浩の登壇が決定しました!(11/29追記)



雑誌『WIRED』VOL.14
Amazonで購入する>>

特集は「死の未来」。量子の世界やアーバンプランニングにおける「死」、ちゃんと悼むためのスタートアップなど、これからの「死」を考える。そのほかエドワード・スノーデンへの独占インタヴュー、Twitterのエヴァン・ウィリアムズが立ち上げたミディアムのヴィジョン、世界中の科学者が注目する量子コンピューター企業D-Waveや、量子マーケティングを実践するScanamindなど、今号も1歩先の未来がもりだくさん。

「【石黒 浩(ジェミノイド開発者)緊急参戦!】デスフェス、開催。クマムシからバイオアートまで!最新号特集「死の未来」リアルイヴェント(限定Tシャツ付き)」の写真・リンク付きの記事はこちら

「死の未来」を特集した『WIRED』最新号。その発売を記念し、11月30日から4日間のトークイヴェント「Death Fes.」(デスフェス)を開催する(詳細はこちら)。

登壇者は、本誌に登場してくれた「死の語り部」たちだ。

人の致死量の75,000倍のX線照射や超高圧、マイナス270度から150度までの極度の環境でも「死ぬことなく」眠り続けるクマムシ。そのクマムシの生態から生命を数学的に解明しようとする荒川和晴が、1日目に登場。2日目には、分子と抗体医薬によって「知性のクラウド化」に挑むMOLCURE CEOの小川隆と、「生命の起源を紐解く」をミッションにNASAで働く藤島皓介をラインナップ。3日目には、人の遺伝子を樹木に保存するプロジェクト「Biopresence」率いるバイオアーティストの福原志保が登場する。そして4日目には、アンドロイドを通して人間の本質的な構成要素の抽出を目指すロボット工学者の石黒浩の登壇も決定。生と死を更新する最先端のサイエンスやテクノロジーから、これからの死を考える。

4日間にわたりお送りする「デスフェス」は、「フェス」の名の通り(?)、4日間の通しチケットも販売する。また、チケットを購入し当日来訪した参加者全員に、『WIRED』VOL.14の表紙にもなったドクロの”チャーリー”Tシャツをプレゼント。席数には限りがあるので、お申し込みはお早めに。

『WIRED』VOL.14発売記念トークイヴェント
WIRED Desth Fes.

日時:
各回のゲスト、日時、申し込みについてはこちらをご覧ください。

会場:
THE TERMINAL
(住所:東京都渋谷区神宮前3-22-12 Wave神宮前 B1F)

参加費:
5,000円(各日、オリジナルTシャツ付き)
トークイヴェント後に懇親会も行います。軽食とドリンクをご用意しています。

定員:
各日40名(先着順、売り切れ次第終了)

Day1
11月30日(日) 14:00〜17:00(受付開始13:45〜)
クマムシから見える生の境界線 with 荒川和晴

荒川和晴|KAZUHARU ARAKAWA
生物学者。慶應義塾大学政策・メディア研究科特任准教授。1979年生まれ。飼育が難しいクマムシを大量に飼育し、そのデータを分析、蓄積するとともに、解析技術も開発中。6月からスパイバー株式会社のVisiting Fellowも務める。荒川が監修したリアルクマムシぬいぐるみが好評販売中。

お申し込みはこちら>>Day2
12月1日(月) 19:30〜22:00(受付開始19:15〜)
「知性のクラウド化」と死からの解放 with 小川隆&藤島皓介

小川隆|RYU OGAWA
MOLCURE CEO。慶應義塾大学先端生命科学研究所にて分子生物学とバイオインフォマティクスを研究。慶応義塾大学政策・メディア研究科非常勤講師を務めた後、株式会社MOLCUREを設立し、バイオ・IT・ロボティクスを組み合わせ、迅速に高性能な抗体をスクリーニングする技術「Abtracer」を開発。開発困難な高機能抗体から一般的な抗体まで、あらゆる抗体を設計する事業を展開している。

藤島皓介|KOSUKE FUJISHIMA
NASAエイムズ研究所研究員。慶應義塾大学特任講師を兼任。アストロバイオロジー(宇宙生物学)と合成生物学を融合させた新しい分野を開拓するべく、日々研究を行っている。生命の起源、地球外生命探査、火星移住計画といったアストロバイオに関連したプロジェクトに幅広く携わっている。生命と非生命の境界に関して宇宙生物学的な観点から語る予定。※ハングアウトでの登壇となります。

お申し込みはこちら>>Day3
12月3日(水) 19:30〜22:00(受付開始19:15〜)
科学とアートと「死のデザイン」 with 福原志保

福原志保|SHIHO FUKUHARA
バイオアーティスト。ロンドンのセントラル・セント・マーティンを卒業後、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートのインタラクティヴ・デザイン在学中に発表した「Bioprerence」で注目を集める。フランス政府特別給費生としてパリのパレ・ド・トーキョー「Le Pavillion」に参加後、Georg TremmelとともにBio Presence BCLを設立。科学、アート、デザインの領域を越えた活動をしている。

お申し込みはこちら>>Day4
12月5日(水) 20:00〜22:30(受付開始19:45〜)
「人の本当の死」は、アンドロイドが教えてくれる with 石黒 浩

石黒 浩|HIROSHI ISHIGURO
1963年滋賀県生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻教授(特別教授)、ATR石黒浩特別研究所客員所長(ATRフェロー)。知能ロボットと知覚情報基盤の研究に従事するなかで、アンドロイドやジェミノイドなどのロボットを多数開発。2011年大阪文化賞(大阪府・大阪市)受賞。最先端のロボット研究者として世界に注目されている。

お申し込みはこちら>>注意事項

・ご記入いただきましたご住所やEメールアドレスなどは、コンデナスト・ジャパンからの事務連絡に使わせていただきます。それ以外に、コンデナスト・ジャパンおよび当イベヴェントの協賛社より製品やサーヴィス、イヴェント、展示会、刊行物等の各種ご案内をお送りする場合がございます。
・当日の模様は、WIRED本誌および、ウェブサイト、デジタルマガジン、SNSなどで掲載される可能性があるほか、コンデナスト・ジャパンの広報活動(テレビ局、新聞社、ニュースサイト等の取材・情報提供を含む)で使用される場合がございます。
・弊社の個人情報取り扱いにつきましては、下記ウェブサイトに記載の個人情報保護方針・プライヴァシーポリシーをご覧ください。http://corp.condenast.jp/statement/privacy/