最新FIFAランク発表:日本は11月連勝も順位1つ下げる…豪州は100位台に転落

写真拡大

 国際サッカー連盟は27日、最新のFIFAランキングを発表した。

 日本は14日のホンジュラス(6-0)、18日のオーストラリア(2-1)と連勝したが、順位を1つ下げて53位となったが、イランが前回発表から5つ順位を下げたため、8月発表以来、3か月ぶりにアジア首位に浮上した。日本に敗れたオーストラリアは102位となり、過去最低記録を更新し続けている。

 上位7か国に変動はなかったが、ポルトガルが9位から7位に浮上。イングランドも20位から7つ順位を上げて13位となった。また、ルーマニアが6つ、チェコが5つ順位を上げてトップ20入りを果たしている。

上位20チームの順位は以下のとおり

※()は前回順位 

1.(1)ドイツ

2.(2)アルゼンチン

3.(3)コロンビア

4.(4)ベルギー

5.(5)オランダ

6.(6)ブラジル

7.(7)フランス

7.(9)ポルトガル

9.(10)スペイン

10.(8)ウルグアイ

11.(11)イタリア

12.(12)スイス

13.(20)イングランド

14.(13)チリ

15.(21)ルーマニア

16.(16)コスタリカ

17.(22)チェコ

18.(15)アルジェリア

19.(14)クロアチア

20.(17)メキシコ

……………

53.(52)日本

56.(51)イラン

69.(66)韓国

74.(65)ウズベキスタン



102.(94)オーストラリア