27日の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、今年のNHK紅白歌合戦に出場する歌手の一覧を報じたが、小倉智昭氏は、コブクロとゆずが落選したことに不満げな態度を見せた。

紅白出場の当落について、司会の小倉氏は「どうやってこのメンバーが決まるのかって、毎年思いますけどね」と切りだすと、梅津弥英子アナウンサーは、HKT48やSEKAI NO OWARI、V6、May J、薬師丸ひろ子などが今年初出場することを紹介した。また、浜崎あゆみや、aikoは落選となる。

当落の結果を受けて小倉氏は「僕は、コブクロとゆずが何で落ちるのかって。分かんないっすよねえ。あれだけ人気のある2組、NHKにもゆかりあると思うんですけどねえ。オリンピックのテーマ曲を歌ってたりしますしねえ。これまあ、NHKの貢献度が1番重要とは言ってますけどねえ」と、コブクロとゆずが紅白を落選したことに不満を露わにした。

また、前田忠明デスクが浜崎の落選ついて「今年はヒット曲にも恵まれなかったということは、自分でも意識してるんだなあ、ということは分かりましたけどね」とコメントすると、小倉氏は「だけど、ヒット曲出してないのに選ばれてる人は、毎年、何人もいるよね」と、皮肉のこもったコメントが飛び出す一幕となった。

【関連記事】
有吉弘行が浜崎あゆみの紅白落選報道に苦言 「こういう言い方は嫌」
「とくダネ!」で菊川怜の何気ない発言に小倉智昭氏らがダメ出し
小倉智昭氏が「とくダネ!」で、マライア・キャリーと比べてMay J.は「誠実」と称賛