写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイは、11月23日に「たまごっち誕生祭 2014」を東京都・江東区「ダイバーシティ東京 プラザ」にて開催した。1996年11月23日は、初代たまごっちの発売日で、メインキャラクター「まめっち」の誕生日でもあることからこのイベントが催された。

イベントにはゲストとしてフルーツポンチの村上健志、亘健太郎が登場。最新のたまごっち「TAMAGOTCHI 4U」(たまごっち フォーユー)に搭載された「NFC」(国際標準の近距離無線通信規格)機能を利用し、“ジャンピングタッチ”というワザを披露。手を上にあげて思いっきりジャンプする村上らしいタッチの仕方に、会場を訪れていた子供たちから歓声があがった。また、たまごっちのキャラクター「まめっち」と「くちぱっち」も登場。フルーツポンチから「亘と村上、どっちのファン?」とたずねられ、2人とも村上に近づくと、亘が悔しそうな表情をみせた。

その後、ご意見番としてドン小西も会場に姿をみせた。小西は最新のたまごっちカラーに合わせたコーディネイトを身にまとったキッズモデルに対し、いつもの辛口を封印してそのファッションを賞賛。今年のトレンドである、淡い色にパステルカラーを採り入れた“ウィンターパステルカラー”で最新のたまごっちをコーディネイトすることを提案した。

なお、当日には初代たまごっちが誕生した1996年から現在に至るまで、時代のトレンドを振り返るファッションショーも実施された。「アムラースタイル」や「ヤマンバスタイル」など、時代を彩ったファッションが披露され、ゲストや会場から歓声があがった。そのほか、子供たちが「TAMAGOTCHI 4U」のタッチ機能を使って、会場内に隠された「まめっち」の誕生日ケーキを探す「たまごっちなぞときタッチラリー」といったゲームも行われた。