難病の3歳女児が衰弱死した事件 手当減額に不満だった母

ざっくり言うと

  • 大阪府茨木市で今年6月、難病の3歳女児が衰弱死した事件
  • 女児の障害等級が4級に下がり、支給手当が月に約3万円の減額をされていた
  • 殺人容疑で逮捕された母親は、病院や同市に対して不満を述べていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング