ファミコン前夜の任天堂を網羅、玩具に焦点あてたコンプリートガイド。

写真拡大

1983年に発売されたファミリーコンピュータ以前の任天堂製品を網羅した書籍「任天堂コンプリートガイド-玩具編-」が、12月5日に主婦の友インフォス情報社より発売される。価格は2,300円(税別)。

本書は、ファミコン以前に発売された任天堂製品を撮り下ろしの写真付きで詳解。その多くがインターネットで検索しても画像はおろか、名前すら出てこないという超レアっぷりだ。

任天堂がかつて販売していたアーケードゲームやファミコン以前の家庭用ゲーム機のほか、大ヒットした「ゲーム&ウオッチ」ももちろん掲載。さらには知的好奇心をくすぐる多数のコラムや任天堂の歴史をじっくり学べる読み物など充実の内容で、任天堂を愛してやまないファンはもちろん、サブカル愛好家も満足できる、史料としても貴重な一冊となっている。

明治時代に創業した任天堂は、1966年発売の「ウルトラハンド」が大ヒット。遠くの物を掴んで遊ぶだけの単純な仕組みながら、約120万個という驚異的な売り上げを記録した。そのほか、男女の愛情度を測ることができる「ラブテスター」や、簡易コピー機にマーキングペンといった実用品も販売している。ちなみに、日本で初めてプラスチック製トランプを製造したのも任天堂だった。