栩内香澄美被告の裁判を年内までに終わらせたい裁判所の事情

ざっくり言うと

  • 栩内香澄美被告の裁判をスピードアップさせた、裁判所の事情に迫る
  • 裁判スケジュールの兼ね合いから、これ以上は勘弁ということではと関係者
  • 初公判から4ヶ月経過しており、薬物事件の裁判では異例の長さという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング