マリア・シャラポワ (画像:AFLO FOTO)

写真拡大

オーストラリア・メルボルンで開催中の全豪オープンは8日目をむかえ、男女シングルス4回戦の残り試合を行い、いよいよベスト8が出揃う。

 男子では、ロジャー・フェデラー(スイス)、アンドレ・アガシ(アメリカ)、マラト・サフィン(ロシア)、ドミニク・ハーバティ(スロバキア)がすでにベスト8入りを決めており、残りの席は4つ。中でも注目したいのは、ラファエル・ナダル(スペイン)対レイトン・ヒューイット(オーストラリア)の試合。ナダルは昨年12月のデビス杯決勝で世界ランキング2位のアンディ・ロディックを破る金星をあげ、スペインにビッグタイトルをもたらした。ナダル、ヒューイットともに情熱的なテニスを展開するため、観客にとってはエキサイティングな試合になるだろう。これまでの対戦成績はヒューイットの2戦2勝。ヒューイットが勝てば、全豪では自身初のベスト8進出となる。

 一方の女子では、スベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)、マリア・シャラポワ(ロシア)、セレナ・ウィリアムズ(アメリカ)、アメリー・モレスモー(フランス)が勝ち上がりを決めている。アリシア・モリック(オーストラリア)は過去3戦全敗と分の悪いヴィーナス・ウィリアムズ(アメリカ)と対戦するが、地元ファンの声援を武器に、グランドスラムでは自身初のベスト8進出を目指す。

 また本日よりジュニアの試合も始まり、昨年の全日本選手権で14歳ながらベスト8に進出し、一躍有名になった森田あゆみが女子シングルス1回戦に登場する。

◇男子シングルス4回戦
 ギジェルモ・コリア(アルゼンチン) - デビット・ナルバンディアン(アルゼンチン)
 ラファエル・ナダル(スペイン) - レイトン・ヒューイット(オーストラリア)
 ニコラ・ダビデンコ(クロアチア) - ギジェルモ・カニャス(アルゼンチン)
 フィリップ・コールシュライバー(ドイツ) - アンディ・ロディック(アメリカ)

◇女子シングルス4回戦
 リンゼイ・ダベンポート(アメリカ) - カロリーナ・スプレーム(クロアチア)
 アリシア・モリック(オーストラリア) - ヴィーナス・ウィリアムズ(アメリカ)
 アナスタシア・ミスキナ(ロシア) - ナタリー・ドゥシィ(フランス)
 パティ・シュニーダー(スイス) - エレナ・ディメンティエワ(ロシア)