残り続けるメッセージ

写真拡大 (全4枚)

iPhoneのショートメッセージは簡単な文章を素早く簡単に送れるとても便利な機能です。

 

手軽にメッセージを送れるのでついつい多用してしまうショートメッセージ。しかし、文面が少なくても、大量にやり取りをすれば塵もいずれ山となり、iPhoneの空き容量を無駄に減らしてしまう恐れがあります

 

iPhoneの空き容量が少なくなると動きが遅くなるなど使い勝手が悪くなってしまいます。そこで今回は、iPhoneの空き容量を無駄に減らさないためのメッセージの設定方法を紹介します。

 

■余計なメッセージを自動的に削除する設定方法

 

iPhoneのメッセージは放置すればどんどん溜まっていく一方です。そのため、過去に読んだメッセージは随時削除していかないと、空き容量が無駄に減ってしまいます。過去に読んだメッセージを自動的に削除するためには、まず【設定】を開きます。

 

次に【メッセージ】をタップします。

 

【メッセージを残す】をタップします。

 

ここの設定が【消去しない】のままだとメッセージは延々と残り続けますので、30日前のメッセージを消去するなら【30日間】をタップ1年以上前のメッセージを消去するなら【1年間】をタップして設定を変更します。

 

設定を変更することで、過去のメッセージは自動的に消去されるようになりますので、これからはいくらメッセージを送っても空き容量を気にする心配がありません。