ポケモン最新作が初週150万本、国内で今年最多の初週販売本数を記録。

写真拡大

ポケモンは11月26日、21日に発売したニンテンドー3DS向けのシリーズ最新作「ポケットモンスター オメガルビー」「ポケットモンスター アルファサファイア」が、初週販売本数150万本を突破したと発表した。この数字は、今年国内で発売されたゲームソフトで最多(※メディアクリエイト調べ)の初週販売本数となっている。

本作は、欧州を除く海外でも同日に発売され、世界での初週販売本数は合計で304万本を記録。まだ発売されていない欧州地域では、11月28日(金)に発売予定だ。欧州での予約本数は、2013年に発売し、ニンテンドー3DS史上世界最速・最多の初週販売数を記録した前作「ポケットモンスター X・Y」(全世界販売本数1,329万本)を大きく上回るペースで推移している。今後は欧州での発売も加わり、さらに販売本数が大きく伸長しそうだ。

本作は、2002年に任天堂のゲームボーイアドバンス用ソフトとして発売され、全世界で1,622万本を販売した「ポケットモンスター ルビー」「ポケットモンスター サファイア」を元にしたシリーズ最新作。懐かしさとともに、初体験の新エピソードなどの新要素がふんだんに盛り込まれている。

また、世界で同時期に発売されることにより、世界中のプレイヤーが同じ時期に冒険の旅をスタート。ネットを通じて、国境を越えたポケモンの対戦・交換を楽しむことも可能だ。