写真提供:マイナビニュース

写真拡大

3DCGアニメーションとして話題となったOVA『GUNDAM EVOLVE../9』に登場する「MSZ-006-3B ゼータガンダム3号機B型 グレイ・ゼータ」が、ガンプラの「MG(マスターグレード)」シリーズで立体化されることが決定し、バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」にて予約受付がスタートしている。2015年2月発送予定で、価格は7,020円(税込)。

「ゼータガンダム3号機B型 グレイ・ゼータ」は、一年戦争でジオン軍に所属していたグレイ・ウルフが搭乗するモビルスーツ(MS)で、彼のオーダーから機体カラーはグレーになるはずだったが、担当者のミスにより黄色にペイント。その機体色から「イエロー・ゼータ」と呼ばれていたが、グレイはあえて「バスター・ゼータ」と呼んでいる。「Zガンダム」と比較すると武装類、各アーマー、スタビライザーに変更点があり、火力特化用のMSとして戦場を駆け抜けた。

初の立体化となる『MG 1/100 MSZ-006-3B ゼータガンダム3号機B型 グレイ・ゼータ』では、数々の特徴的な本体アーマー形状(肩アーマー、フロントアーマー、サイドアーマー、リアアーマー、前腕アーマー、脚部サイドアーマー、テールスタビライザー、スタビライザー)を新規造形で再現。グレイ・ゼータ専用武器のビーム・キャノンおよび、メガ・ガトリングも新規型で造形している。

また、Zガンダム特有の大気圏突入モード「ウェイブライダー」への変形ギミックも搭載しており、大型のビーム・キャノン、新規形状のテールスタビライザーなどにより、通常のウェイブライダーと大幅に異なる仕上がり。そのほか、特徴的な表面ディテールもモールド(成形)で再現し、機体全体の印象的な迷彩模様を再現するための専用カラーリングシールと、グレイ・ゼータのパイロット「グレイ・ウルフ」のパーソナルマークや、コーションマークを収録したスライドマーク(水転写デカール)が付属。さらに、カタパルト(射 出機)をイメージした専用スタンドも付属し、MS形態・ウェイブライダー形態の両形態をディスプレイでき、出撃・発進時や空中飛行する躍動感あるポージングも可能となっている。

商品価格は7,020円(税込)で、予約締切は準備数に達し次第終了。商品の発送は、2015年2月を予定している。

(C)創通・サンライズ