写真提供:マイナビニュース

写真拡大

冬のシーズナル・イベント「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」を開催中の大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で、クリスマスフードを販売するカートが立ち並ぶ「クリスマス・ハピネス・マーケット」がにぎわいを見せている。

ハロウィーンで登場以来、ゲストから好評を得ているハピネス・マーケットが、今回「クリスマス・ハピネス・マーケット」として登場。華やかなクリスマス装飾のカートが立ち並ぶマーケット内では、さまざまなクリスマスフードが販売されている。

イチオシは、白ひげを生やしたエルモサンタがカワイイ「サンタdeエルモまん〜テリヤキ〜」(450円)。チキンとトマトをベースにしたスープ「クリスマス・チキン・チャウダー」(650円)も寒い日におすすめだ。また、カップを自分の顔に近づけて写真を撮ると、自分がサンタやトナカイ、雪だるまになったような1枚が撮れるトリック・アート・カップ入りの「トリック・ドリンク」など、楽しいメニューもある。

さらに、マーケット内にはサンタクロースと会えるスポットもあり、サンタクロースと一緒に記念撮影することができる。