2013年7月の参院選は「違憲状態」と最高裁大法廷が判断

ざっくり言うと

  • 「一票の格差」をめぐり、昨年の参院選の無効を訴えた裁判の上告審
  • 最高裁は26日、「違憲状態」と判断したものの、選挙無効の訴えは退けた
  • 2つの弁護士グループが格差を違憲だとし、選挙無効を求めていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング