超4コマ級。キャラ濃いぃ!『繰繰れ! コックリさん』/第01巻(だけ)レビュー

写真拡大

 本連載では、数多くある漫画から選りすぐりの1冊をピックアップ。その「第01巻だけ」レビューをお届けします。

【関連:暖簾(ページ)を手繰れば本格味『ラーメン大好き小泉さん』/第01巻(だけ)レビュー】

 繰繰れ。…あや…あやつれ……? いや、グゥグゥれ? Googleれ?
 あっ『繰繰れ(ググれ)! コックリさん』って読むのか……!?

 といった具合に、以前から店先でタイトルを目にするたび、何て読むのかなーと気になっていたあたり、作者・遠藤ミドリ氏の術中に見事ハマっていたわけですね。作品紹介では「疲れたOLとかが読むといい全力脱力なハートフル?四コマ」だそうですが、32歳の疲れたフリーライターに読む資格はあるのでせうか? たぶん「とか」に含まれると思うので、読む。

繰繰れ! コックリさん

 コックリさん コックリさん おいでください
 ハァ ハァ 呼んだか?(窓ガラーっ)

 そんな出オチで頭っから「オカルトホラーな空気」をブチ壊したあと、メタ発言、電波な会話と、やりたい放題で幕開けする本作『繰繰れ(ググれ)! コックリさん』(以下、『ググコク』)。自らを人形と称す電波系少女・こひなと、ノリで呼び出された「コックリさん」を中心に、物の怪たちとのオモシロ残念な日常が描かれていきます。

 平凡な日常を打ち破るのは、魔女や宇宙人など異世界からの訪問者が常ですが、『ググコク』では狐の霊であるコックリさんや、犬が転じた死霊・狗神など動物霊のような存在が多く、物の怪=アニマルたちと呼ばれるゆえんに。

 しかし、このアニマルたちの「個性の強さ」といったらない! そもそもケモ耳やシッポ、超常のチカラを持つ人外であることを前提とし。まずコックリさんは、家事全般が得意で食生活の心配も「カップ麺ばっかりじゃダメっ!」と言い放つオカン気質のうえ、年齢や小ジワのことが気になるガラスの心を持った中年、とは言われたくない微妙なお年頃 ※男性。血ヘド吐いちゃうくらいストレスも多く、胃薬で乗り切る毎日……。
 途中から居候する狗神にいたっては、細身のダークスーツに身を包んだ人間の姿でダンボールにちょこんと座り、雨に打たれ、虚ろな瞳で――

 可愛い ワンワンです。
 拾って 愛して下さい。(くぅーん?)

 と、ただただ変態。しかも、こひなの日常行動や骨密度まで把握している病的なストーカー気質に加え、霊になって間もないためか性別が時々入れ替わり、男女どちらの姿でも主人・こひなと主従以上の関係を結びたい……! という欲望が抑えきれない困ったワンコです。なんという呆れたキャラクター、個性の強さか。

 本作のコマ割り(※漫画のコマ構成)は常に規定通りではありませんが、いちおう4コマ漫画に分類されます。最近では、この4コマ漫画を原作としてテレビアニメやゲーム化、果ては劇場アニメ公開といったメディアミックス展開が行われることも珍しくなく、すっかり人気ジャンルに。ただ、取り上げられる作品の性格としては、キャラクターに強烈な個性を持たせるのではなく、どちらかと言えばユルい世界観の中でおだやかな日常を描く、といった方向性が多いように思えます。「日常系」と呼ばれる作品群です。

 そのような「日常系」4コマ漫画のキャラクターと真逆を行くのが、『ググコク』のアニマルたち。むしろ4コマ漫画という舞台は役不足に見えるくらい、ストーリー漫画に登場させても遜色ないほどキャラクターが濃く、主張してはばかりません。幾人もの漫画家たちが「良いキャラクターは一人歩きする」と創作の秘訣を明かします。強引に例えるならば、アメ車用のV8気筒エンジンを軽ワゴンに詰んで「爆走する」のが、本作のキャラクターたちなのです。

 濃いキャラクターは良いキャラクターであり、読者にとっては友人のような存在です。初対面では「なにコイツ」と思っても、ページを手繰って時間を仮初めにも共有するうちに、いつしか心の大きな部分に住み着くようになります。筆者はエンディング目前のTVゲーム(主にRPG)を投げ出して仕舞い込んでしまい、そんな説明のつかない行動をした時「コイツ(キャラクター)とお別れしたくないのかも」という、まぁ傍から見ればかなりキモい、気持ちになります。
 別れの時が近づけば、何となしに寂しさを感じてしまう。これこそが、読者としての筆者が思う「良いキャラクターの条件」であり、コックリさんたちに対しても同様だったのです。

 もちろん、『ググコク』は’14年11月現在コミックスが第07巻まで刊行中であり、10月からはテレビアニメも放送中ですから「別れの時」などは遠く、まだまだ楽しませてくれるでしょう。コメディーなのに、妙な感傷に浸るのもオカシな話ですから、今しばらくは、ゆるーく楽しませてもらいます。

 さぁ、第02巻では「どう見てもダメダメな生活破綻者の狸(居候という名の自宅警備員)が加わり、更にモフモフーンとした感じ」だそうで……イイネ。

画像協力:『繰繰れ! コックリさん』http://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/43212/