吉木りさ

写真拡大

25日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で、グラビアアイドルの吉木りさが、アラフォー・アラフィフ女性に厳しい言葉を投げかけた。

「アラフォー・アラフィフ女VSイマドキ女子SP」と題したこの日の番組では、20代の吉木らと、友近ら30・40代の女性芸能人が世代間のギャップについてトークを繰り広げた。

番組中、吉木は「オバサマがたって、急に美意識にすごい目覚めるじゃないですか。それがとんでもない方向にいってしまうのは、いかがなものか」とコメントした。

その後も、吉木はトレーニングで体形を保とうとする「アラフォー・アラフィフ」女性について「そこまで頑張っても誰も見てないよって思っちゃう」と評するなど、次々と厳しい言葉を投げかけた。

友近は「自分自身を高めるためにやるし、自分の健康・美しさを保つため、まあ『キープ・オン・シャイニング』これが一番大事」などと笑いを交えて反論した。また、かとうれいこは「今気にしてないと、大変ですよ。紫外線とか気にしてないと、大変なことになる」と、吉木に助言していた。

【関連記事】
吉木りさがJK制服コスプレをInstagramで公開 Twitterでは学ラン姿のリクエストに「着てみたい」
月収1万円のグラビアアイドルはザラ 吉木りさがグラビアアイドルは「操り人形になっちゃダメ」と訴える
友近の非常識な行動をケンドーコバヤシが暴露 「マネージャーのブラジャーを剥ぎ取ったうえに『あんた、オッパイちっちゃいな』って!」