SpaceShipTwoの事故原因、またはパイロットはいかにして墜落する宇宙船から生きのびたか

写真拡大

ピーター・シーボルトは、16,000メートル以上の高度で起きた事故で、酸素がなく、気温マイナス70度という環境でも、パラシュートを開いて生きのびた。ほとんど不可能に思える行動だ。

「SpaceShipTwoの事故原因、またはパイロットはいかにして墜落する宇宙船から生きのびたか」の写真・リンク付きの記事はこちら

飛行機がバラバラになろうとしているなか、パイロットは飛び出さざるをえなかった。身につけていたのは薄い飛行服と、パラシュートひとつ。成層圏の境界で酸素は薄く、気温はマイナス70度にも達する。地上16km以上の高さからの自由落下が、彼を待ち受けていた──。

『ゼロ・グラビティ』のようなパニック映画の、冒頭のように思えるかもしれない。しかしこれは、NTSB(National Trasportation Safety Board:アメリカ国家運輸安全委員会)がまとめた、SpaceShipTwoの爆発に続く瞬間に際してピーター・シーボルト船長が陥った状況の描写なのだ。

(関連記事)過去にも事故:テスト施設の爆発事故、調査報告書

NTSBによると、10月31日にVirgin Galacticの飛行機を襲った事故を覆い続けている最も大きな謎は、まさにパイロットに関するものだ。つまり、「なぜ彼は生き残ることができ、副操縦士は生き残れなかったのだろうか?」


TAG

Richard BransonSpaceSpacecraftSpaceShipTwoVirginGalacticWIRED IT

事故の原因について、アメリカ合衆国連邦政府の調査官たちは、いまやかなり明確な意見をもっているようだ。

エンジンやタンクの分析結果から、(当初想定されていた)可塑性ポリアミドを用いた最新型の推進システムの機能不全に起因する飛行機破壊の可能性は排除することができた。

(関連記事)「SpaceShipTwo」の墜落原因は、「着陸モード」?

専門家たちはいま、後部の補助翼に目を向けている。SpaceShipTwoが巡航速度に達したあと、速度を緩める機能を果たすものだ。調査によるとこの部分の作動が早過ぎたため、飛行速度が想定されていたマッハ1.4ではなくマッハ1で飛行機が飛行していたことが、翼の分離とこの飛行機の爆発を引き起こしたとされている。

しかし、羽根を作動させるには、2段階の解除システムが設計されている。NTSBは、補助翼が動作するように出された承認が、死亡した副操縦士マイケル・アルスベリーによって(まだ判明していない理由により)出されたことを、ほとんど確信しているようだ。しかし、誰が(もしくは何が)補助翼の予定より早い作動を引き起こしたか、決定的にはまだわからなっていない。


TAG

Richard BransonSpaceSpacecraftSpaceShipTwoVirginGalacticWIRED IT

「次世代の民間宇宙船」として発表されたSpaceshipTwo。動画は2008年に行われた発表会見のもので、ヴァージン・ギャラクティック社のリチャード・ブランソンらが構想をぶち上げた。詳細はこちらの記事にて。

NTSBの調査官たちは、この疑問の解明をシーボルト船長への事情聴取に期待している。しかしそれも、彼が着陸の間に受けたダメージによる肩の手術から完全に回復するまで待たなければならないだろう。

そもそも「彼(シーボルト氏)がどのようにして生きて出てきたか、想像もつきません」と、NTSBのスポークスマン、エリック・ワイスは「ロサンゼルス・タイムズ」に語った

同記事では、5人の熟練したテストパイロットの意見が伝えられている。彼らはこの出来事を「奇跡」だと定義している。

試験飛行においてなんと5回もの事故を生きのびたボブ・フーヴが説明しているように、「16kmの高度では、生きのびるために使える時間は本当に限られています。このような状況で、パイロットがパラシュートを作動させることができたというのは驚きです」。

(関連記事)「成層圏からの音速ダイヴ」を1人称視点で

まずこの高度では酸素はごくわずかで、人工呼吸器なしで意識を保つことはほとんど不可能だ(そしてシーボルト氏は人工呼吸器を持っていなかった)。さらに、大気の気温はほとんどマイナス70度に達する。そしてSpaceShipTwoのパイロットたちは、この飛行機の極度にコンパクトなデザインが原因で、与圧服を着ていなかった。

したがってシーボルトは、操縦室が崩壊したあと、数秒のうちに、無呼吸のなか、突然の冷気によって無感覚になった手足で、飛行機から自分の座席を排出しようと対応しなければならなかったはずだ。

未確認報道ではあるが、テストの間、パイロットはSpaceShipTwoを追っていた監視機を見つけると、同僚の方に向かって親指を立てて、その後地表から5,000メートルの高度でパラシュートを開いたという。

それが勇気だったのか、それともほかの何かだったのかを知るためには、NTSBの調査の終わりを待つしかない。

(関連記事)本格始動する「宇宙ベンチャー」:各社を概観

TAG

Richard BransonSpaceSpacecraftSpaceShipTwoVirginGalacticWIRED IT