伊藤穰一とアピナン・ポーサヤーナンが語る、「未来都市」2つのヴィジョン

写真拡大

MITメディアラボの伊藤穰一は、「合成生物学」に注目し、これからの社会に、インターネットに匹敵するほどの大きなインパクトを生み出すだろうと話す。一方、タイ王国文化省のアピナン・ポーサヤーナンは、市民デモや洪水災害が発生する“カオス”な都市で、市民によるクリエイティヴィティが発展するプロセスに着目。10月に東京・虎ノ門ヒルズで開催された「Innovative City Forum 2014」の基調講演に登場したふたりは、まったく異なる視点から「都市の未来」を語る。(雑誌『WIRED』VOL.14 別冊より転載)

「伊藤穰一とアピナン・ポーサヤーナンが語る、「未来都市」2つのヴィジョン」の写真・リンク付きの記事はこちら

伊藤穰一 | JOICHI ITO
1966年京都府生まれ。MITメディアラボ所長。デジタルガレージなど多数のインターネット企業の創業に携わるほか、エンジェル投資家としてツイッターやフリッカーなど有望ヴェンチャー企業を支援。2014年3月、SXSW Interactiveにて殿堂入りを果たした。

より複雑性を増す都市へ

インターネットがなかった時代(Before Internet=BI)からインターネット以後の時代(After Internet=AI)への変化の過程で、さまざまなことが複雑性を帯びていったと伊藤穰一は語る。

「BIにおいて、世の中は比較的わかりやすかった。ものを中心に考えることができたし、経済も比較的ゆっくりと動いていました。しかしAIになると、途端にルールが複雑になりました。インターネットの登場によって、大幅に通信コストが下がったからです。通信のコストが下がると、流通やコミュニケーションのコストも下がります。それにムーアの法則(18カ月ごとにコンピューターの速度が倍になり、コストは半分になる)が加わって、イノヴェイションのコスト、つまりは“何かをやってみる”コストが大幅に下がりました。

それによって、例えばウィキペディアやLinuxといったオープンソースやフリーソフトウェアが増え、グーグルのような会社を、初期コストをかけずに立ち上げられるようになりました。つまり従来であればお金と権力をもたなければ成し遂げられなかったことを、誰もができる時代になったのです。それが、複雑性を生み出す大きな要因となりました。

都市においても状況は同じです。かつて都市は、目に見える要素ばかりで構成されていましたが、いまでは目に見えないソーシャルメディアやバイオリズムが、都市のダイナミズムを醸成しています。そういった状況にある都市の全体像を把握するためには、生命から都市まで、つまりは遺伝子のデザインから都市のデザインまでが、同じ複雑性や関係性でできていることを理解する必要があります」

遺伝子を模倣するがごとく、複雑な構造をもつ都市。その創造や拡張を担うべき人材には、いかなる資質が必要となるのだろうか。

「これまでの都市は、建築家が中心となって考えられてきました。建築家というのは、どうしても建物を中心にものを考えてしまいます。しかしこれからの都市をつくっていくうえでは、デザインやエンジニアリングの観点だけではなく、例えば合成生物学の知見を用いることで、すでに備わってしまっている複雑性を理解し、それを都市や建築に組み込んでいくことが必要です。そしてそれを行うためには、ひとりの頭のなかにデザイナー、アーティスト、エンジニア、サイエンティストという4つの役割が宿っていることが大切です。デザインやエンジニアリングは、どこかで役に立たなければいけませんし、『機能に対してカタチがついてくる』とも言います。しかし世の中を先に動かす本当のジャンプは、アートやサイエンスがないと起こりえません。電話の機能をいくら突き詰めてもiPhoneは生まれなかったように、今後都市を設計していくうえでは、アートやサイエンスからのアプローチが重要だと考えています」。

INNOVATIVE CITY FORUM 2014
2014年10月8〜10日、東京・虎ノ門ヒルズに、国内外で注目されているイノヴェイター24人が集まった。都市をキャンヴァスに活動するアーティスト、クリエイティヴィティを促進する街づくりを目指す都市設計者、市民のライフスタイルを変えるような先進的な研究を行う科学者……。さまざまなバックグラウンドをもつ登壇者たちが、分野を超えた議論を行い、「都市とライフスタイルの可能性」を探った。

TAG

Future CityJoi ItoThailandWIRED Promotion

アピナン・ポーサヤーナン | APINAN POSHYANANDA
タイ王国文化省事務次官であり、タイ現代芸術文化委員会委員長をはじめ多数の公職を歴任した経験をもち、アジアの著名なキュレーターとして、作家活動も行う。美術の博士号を取得し、バンコクで美術史の教鞭をとるほか、世界各国で講義活動を行っている。

カオスが都市をドライヴする

現代のメガシティ、タイのバンコクを拠点に世界のメディアアートを見つめてきたアピナン・ポーサヤーナン。彼にとって都市の未来とは、そこに住む人々の生活様式の未来だと言う。

「都市が革新的であり続けられるのは、創造性のある人たちが生活し、変化を受け入れているから。都市におけるアートやデザインはカオスと同義語であり、創造性と破壊によって都市文化は拡大されねばなりません。あらゆる災害に耐えうる力ももたなければならず、生態系や倫理、社会のすべてに関連性があると考えるところから、わたしたちは新たな答えを見出す必要があるのです」

現代社会ではグローバルな消費ばかりが注目されてきた。未来の都市のイメージは、どれもSF映画に登場するような画一的なものばかりで、バンコクとはまるで逆の存在に見える。

「2004年の大津波以降、タイは洪水や国を二分するデモなど、さまざまなダメージを受けてきました。なかでも津波は最もショッキングな出来事でしたが、それを癒したのは国内外のアーティストによるアートやクリエイティヴ作品でした。当時、文化省から依頼を受けたわたしの呼びかけに応えてくれたアーティストたちが、それぞれの癒しをカタチにした結果、街のあらゆる場所に30以上ものパブリックアートが誕生したのです。奈良美智が制作した『Your Dog In Phuket』という作品もそのひとつで、パトンビーチに10年たったいまも砂浜に存在しています」

アートによる癒しの力を手に入れた都市は、市民が自らクリエイティヴィティを生活に取り入れ、困難な状況を変革する力へと変えるアジアのパワーの象徴ともなっていく。

「11年のタイ洪水のときも、人々は楽しむことを忘れませんでした。電力が失われ、インターネットも使えない状態のなかで、誰かが考えた水を浄化する方法から、次のアイデアを生み出す知恵の連鎖が生まれました。洪水直後のデモでは、誰ともなく着飾りはじめ、デザイナーも参加するようになり、ブランドショップ前のパフォーマンスを見る観光ツアーまで登場したのです」

都市は脆弱で儚いからこそ、ユニークであり、多くの魅力をもっているとポーサヤーナンは語る。そのためには、すでにある文化遺産とアートを融合させるといった発想で都市をデザインすることも必要ではないかとも。

「わたしたちはこれまで、開発が都市を成長させてきたと考えていましたが、むしろ、画一的な都市につくり替えようとする破壊から街を守るべきかもしれません。いまこそ都市が誰のものであり、何のためにあるのか、わたしたち自身が考えるべきなのです」。

雑誌『WIRED』VOL.14
Amazonで購入する>>

11月25日発売の雑誌『WIRED』VOL.14の特集は「死の未来」。最先端のサイエンスとテクノロジーが、わたしたちの「生と死」を更新しようとしている。量子の世界やアーバンプランニングにおける「死」、ちゃんと悼むためのスタートアップなど、これからの「死」を考える。そのほかエドワード・スノーデンへの独占インタヴュー、Twitterのエヴァン・ウィリアムズが立ち上げたミディアムのヴィジョン、世界中の科学者が注目する量子コンピューター企業D-Waveや、量子マーケティングを実践するScanamindなど、今号も1歩先の未来がもりだくさん。内容の詳細はこちら。

TAG

Future CityJoi ItoThailandWIRED Promotion