「枝野幸男オフィシャルサイト」より

写真拡大

「私はアイドルファンだ」──。総選挙を前に突然、民主党の幹事長である枝野幸男がこんな主張をはじめた。

 朝日新聞によれば、枝野は"山口百恵が神"と語りアイドルファン宣言を行っただけでなく、AKB48の19thシングル「チャンスの順番」を「民主党ソング」とまで公言。なんでも歌詞にある〈チャンスの順番 次は君に来る どんなに負けてても 今度は勝ちに行こう〉というフレーズが「民主党の現状に重なる」と感じているらしい。

 この唐突でとんちんかんな宣言に、ネット上では「百恵とAKBって、どれだけニワカなんだか」「民主党はアイドルヲタの票を狙っているのか」「ヲタを見くびるな」と厳しい意見が飛び交う事態に。朝日の記事で枝野は「非正規雇用の拡大で若い皆さんの生活が破壊され、将来への希望がもてない。深刻な問題で、我々の姿勢を訴えていきたい」とも語っており、若い世代を意識した発言でもあったようだ。

 しかし、この発言で露呈してしまったのは、民主党の"現状認識"のズレっぷりだろう。AKBといえば、いまや安倍首相の"お抱えグループ"と化しているのはご存じの通り。昨年開かれたASEANの夕食会で、AKBが各国の首脳や大使の前で「恋するフォーチュンクッキー」を披露した際には、「まるで喜び組」「頼むから恥をさらすな」とバッシングを受けたことも記憶に新しいが、それほどに安倍首相とAKBプロデューサーの秋元康はべったりの関係。秋元は自宅に安倍首相を招いて食事会を行うだけでなく、本サイトでも報じたように安倍首相が率先する"愛国化"を、秋元はビジネスとして利用している状態だ。こうした誰の目にも明かな密接な関係を知らないわけはないと思うが、枝野はいまさらAKBの歌を民主党ソングなどと言ってしまったわけだ。

 というか、オルタナティブな存在として、でんぱ組.incやBABYMETALとまではいわないが、せめてももクロぐらい言えなかったのか。この一周遅れ感、政策で自民党との明確な違いを打ち出せないでいる民主党の現状を、ある意味象徴しているような......。

 だが、認識不足という意味では、もうひとつツッコミどころがある。それは、この「チャンスの順番」が、ちっとも歌詞通りの"チャンスをつかむ"歌になっていないことである。

「チャンスの順番」は、第一回目の「選抜じゃんけん大会」で優勝した内田眞由美がセンターを務めたシングル曲。当時、非選抜で無名だった内田がじゃんけんで勝ち上がり、見事にセンターを射止めたことを踏まえて秋元はこの歌詞を書いたという。秋元もよほどこの曲が気に入っているのか、芽が出ないメンバーに「いつか、必ず、チャンスの順番が来ると信じなさい」などと説教を垂れるのだが、じつはこの後、内田が選抜に選ばれたのは、同じくじゃんけんで勝ち残った「永遠プレッシャー」だけ。いまでは、コントで演じた「岩」役がヲタのあいだでトレードマークとして認知される程度で、ついには焼肉店「焼肉 IWA」をオープンするなど、副業に精を出している。

 つまり、「チャンスの順番」でセンターに輝いた内田がチャンスをつかんだのは、まぐれでじゃんけんに勝ち残った、たった一回だけ(いまのところは)。──この圧倒的に厳しいアフターストーリーも鑑みずに、枝野はこの曲を「民主党ソング」だというのだから、「おいおい、いくらなんでも不吉すぎないか?」と心配せずにはいられないのだ。

 ちなみに、最後にフォローさせていただくと、枝野がアイドルファンアピールをしたのは、今回がはじめてではない。じつは民主党が政権を握っていた2012年にも「ニコニコ超会議」に出席し、「(AKBを)カラオケで3曲くらい歌っちゃいますね」と回答。「どうして韓流ばかりが人気で、AKB48が海外で人気ないのかが不思議だった。彼女たちも海外できっと流行するはず!」などと大はしゃぎで語っている。さらには、今年4月にはインディーズの文芸誌「Witchenkare」に『歌は世につれ。〜秋元康・AKB戦略と日本経済〜』と題した原稿まで寄稿しているのである。

 枝野のAKB愛はホンモノなのかもしれないが、野心家の秋元にはちっとも相手にされない。......世の残酷さと民主党の哀れな行く末を感じずにはいられない一幕であった。
(サニーうどん)