ASKA被告の覚醒剤騒動 栩内香澄美被告の要求に裁判長が難色

ざっくり言うと

  • 栩内香澄美被告の公判で、弁護側が別日に論告求刑と最終弁論をするよう要求
  • 裁判長は難色を示し、「全面的に争っているので」と譲らなかった
  • 弁護側の戦術は、徹底否認を貫く被告側の必死さが浮き彫りとなった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング