写真提供:マイナビニュース

写真拡大

11月22日〜23日の2日間にわたって東京の秋葉原ラジオ会館10階イベントスペースにて「マクロス×魂ネイション 超時空超合金展」が開催された。

バンダイのコレクターズ事業部が開催したこのイベントは、TVアニメ『マクロスF』に登場するシェリル・ノームの誕生日を記念して開催。会場内には、来場者がハート型のシールを貼ることができるシェリルのバースデーパネルが用意されていたほか、12月1日から始まる『マクロス』新シリーズの歌姫オーディションを告知するパネルが設置されていた。

また、新たなフィギュアブランド「HI-METAL R(仮)」も発表。「HI-METAL R(仮)」は、歴代『マクロス』作品に登場する可変戦闘機「バルキリー」の各機体を、1/100スケールの可変モデルとして商品化する歴史あるブランド「HI-METAL」シリーズの変形、マテリアル感を踏襲し、キャラクターの世界観をさらに広げる新シリーズ。「R」には新しく想像する「Rebuild」「Reboot」「Revival」、そして歴史あるブランドに対する「Respect」という意味が込められている。今後は『マクロス』シリーズ、バルキリーに限らずさまざまな作品、キャラクターを立体化していくという。

展示物の中には、32年前のシリーズ第1作『超時空要塞マクロス』放送当時に発売された玩具などを展示するヒストリーコーナーも設置。会場の中央には、「DX 超合金」シリーズで発売を予定している『VF-19 ADVANCE』や『ケーニッヒ・モンスター(ウイング・オブ・ヴァルキュリア)』に加えて、今後製品化が期待される『VF-171EXナイトメアプラス』『VF-27γルシファー(一般機)』といった参考出品も展示されていた。

さらに、これまでの『マクロス』シリーズを手がけてきた河森正治監督などを迎えたトークショーに加え、会場および会場周辺では「シェリル誕生日記念スタンプラリー」も実施。「ボークス秋葉原 ホビー天国」「魂ネイションズ AKIBAショールーム」などでスタンプを集めると、「特性ステッカー」がプレゼントされ、ファン垂涎のイベントとなった。

(C)2007 ビックウエスト/マクロスF製作委員会・MBS

(トランジスタ)