S・ステューシーがぼくに教えてくれたこと。Field Management並木裕太、5年目の「原点回帰」を語る

写真拡大

「FIELD MGMT」のロゴを胸に抱いたベースボールユニフォームと、S/DOUBLEのアイテムに身を包んだ並木裕太。“ステップゼロ”という新しいコンセプトを掲げ、日本のビジネスシーンに新風を吹きこんできた並木は、いま、新しい挑戦に胸を躍らせている。5年の闘いの末に得たのは、「自分でやるしかない」という新たな決意だった。

「S・ステューシーがぼくに教えてくれたこと。Field Management並木裕太、5年目の「原点回帰」を語る」の写真・リンク付きの記事はこちら

並木裕太 | YUTA NAMIKI
フィールドマネージメント 代表取締役社長
1977年生まれ。2000年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社、09年に独立、フィールドマネージメント設立。日本航空、ソニー、楽天、avexなどのステップゼロ(経営コンサルティング)を務める。著書に『ミッションからはじめよう!』『ぼくらの新・国富論』〈ともにディスカヴァー・トゥエンティワン〉など。

S/DOUBLEのときめき

並木裕太が、最近よく着ている洋服のブランドがある。S/DOUBLE(エスダブル)というアメカジブランドだ。人気サーフブランド、ステューシーの生みの親である伝説的サーフボードシェイパー、ショーン・ステューシーが、ステューシーの経営から退いて10年以上経った2010年に、満を持して自ら立ち上げた大人のためのアメカジブランドだ。目を輝かせながら、並木が語る。

「ぼくがアメリカ西海岸、LA近郊で多感な10代を過ごしていた1990年代前半、同じLA近郊のラグーナビーチ発のステューシーは、ぼくにとってまさに憧れのリアルクローズでした。おなじみのロゴ入りTシャツ(16ドル)を小遣い貯めて買って、いつもチノパンやデニム、ショーツに合わせて着ていました。ところが、当時のブランド拡大路線に嫌気がさしたショーンは、96年にブランドを去ってしまいます。その後、ショーン不在のステューシーはどんどん販路を拡大していきますが、世界中に氾濫していくビッグロゴ入りの画一的なアイテムを見て、次第にぼくのステューシーに対する思いが冷めていったのを記憶しています」

「そんなショーンが、『金儲けに毒されているヤツらとは関係なしに、隣に住んでるクールなサーファーが着たがっている服だけをワンマンガレージでつくる。クラシックで、クリーンで、シンプルなものしかつくらない』と宣言してローンチさせたのがS/DOUBLEです。これにはぼくも久々に胸がときめきました。すぐにファンになって、祐天寺にある(直営店はサンタバーバラと東京にしかない)お店にもよく通うようになりました。大人が着てもしっくりくる、そんなオーセンティックでシンプルな服を着ながら、改めて原点回帰って大事だなって思うようになったんです」


笛吹けど踊らず

並木が、既存のコンサルとは違う新しいプロフェッション“ステップゼロ”をつくるべく、フィールドマネージメントを立ち上げてから、丸5年が経つ。

その間、会社は順調に成長し、いまでは日本を代表する多くの大企業をサーヴするまでになった。以前から並木が自らの著書などで提言するヴェンチャー支援&活用については、国の省庁と組んでプロジェクトを進めるようにもなった。また、もともとプロ野球選手志望だったことで個人的に思い入れの強いスポーツビジネスにおいては、日本を代表するプロリーグのトップと直接仕事ができるまでにもなった。

ところが、そこには並木が思い描いていた理想の世界は存在しなかったという。

「失望しました。やっとこぎ着けた国やリーグとの仕事は、相手の組織が巨大すぎるゆえか、議論をいくら重ねても、なかなか前に進まない。笛吹けど踊らず、動かないんです。いくらぼくらが動こうと具体的に提案しても、いろんなところから横槍が飛んできて、そのたびに停滞してしまう。そういう相手は、まさにショーンが自分たちの目指す真逆だと言っている『Big, puffed up corporate launches(ムダに膨れあがっただけのバカでかい企業)』そのものでした。だからこそ、ショーンのような原点回帰が必要だなって思ったんです」

「そもそもコンサルという業種ができてからおよそ100年が経ちますが、黎明期のコンサルって、支えたいクライアントの成功のためにともに歩む、というシンプルな業務を行っていました。ところが、時代が流れビジネスが大きくなり組織が複雑になると、その原点を忘れてどんどんコマーシャルでコーポレートなものに膨れあがっていった。ぼくはステップゼロという新しいプロフェッションをつくろうと思って会社を立ち上げましたが、よくよく考えれば、その概念は新しいものではなくて、1世紀も前の、オーセンティックでクラシック、クリーンでシンプルなコンサルのかたちに回帰するということだったのです。もちろんその手法は時代に即してアップデートされるわけですが」

そこで並木は、国やリーグとうまくいかなかったビジネスについては、自らの意思にシンプルに従い、新機軸の会社を立ち上げたり、実際に経営に参加するなど、これまでよりもさらに踏み込んだ具体的なチャレンジを行っている。


自分でやるしかない

「DIY精神ってやつでしょうか。原点回帰すればするほど、重厚長大なものに巻き込まれるのではなくて、自分でやるしかないという結論になったんですね。なので、国とやろうとしていたヴェンチャー支援・活用、さらに中堅企業の支援・活用については、フィールドマネージメント・キャピタル(FMC)フィールドマネージメント・グロースパートナーズ(FMGP)というふたつの会社をつくって、ともにまだ日本では前例の少ないコーポレート・ヴェンチャーキャピタルと、サーチファンドという業態で推し進めていきます。またスポーツにおいては、Jリーグの湘南ベルマーレの株主&役員になって、自分でリスクをとるかたちで大倉智社長とともに経営改革を行うことで、球団経営における新しいビジネスモデルを確立させたい」

「ともにリターンが期待できるかどうかはわかりません。でも、自分がやりたいことならば、やらないで議論ばかりしているのではなく、できるかどうかわからなくてもやってみることが大事だと思います。そしてそのビジネスをちゃんと成功に導くことで、動いてくれなかった人たちに実例を示したいし、触発されて同じようなビジネスを目指す企業が出てくるのはもちろん望むところです。日本でまだ見えていない光景を見るための挑戦であれば、たとえ大きなリターンがなくてもその意義は大きいと思います」

いまでは巨大でpuffed upな組織になってしまったメジャーリーグが、まだ純粋に「野球というスポーツの素晴らしさを伝える」ために存在していた20世紀初頭を思わせる、クラシックでクリーン&シンプルなユニフォームに袖を通し、S/DOUBLEのアイテムとのコーディネートを自在に楽しむ並木裕太。時代を変えていく男は、現代的で軽やかな着こなしの双肩に、極めて純度の高い、熱い決意をまとっているのだ。

来るべき5年に向けて
Field Managementの新たな挑戦

ヴェンチャー支援&活用のために立ち上げた新会社の「Field Management Capital」と「Field Management Growth Partners」、そして湘南ベルマーレへの経営参画。これら2014年に並木裕太が新たにスタートさせたチャレンジについての詳細は、12月、WIRED.jpにて公開予定。また、同じく12月には、並木が原点回帰をするきっかけにもなったという、コンサルティングという業種が誕生してからいままでの軌跡を並木がたどった書籍『コンサル100年史』〈ディスカヴァー・トゥエンティワン〉が上梓される。こちらにも乞うご期待!

ジャケット ¥32,000、パーカ ¥18,000、パンツ ¥21,000、スニーカー ¥13,500〈すべてS/DOUBLE/エスダブル スタジオ tel.03-6452-2444〉