中曽宏日銀副総裁が金融緩和政策に言及 資産価格過熱の兆候ない

ざっくり言うと

  • 日銀の中曽宏副総裁は25日、資産価格が過熱するなどの兆候はないと強調した
  • 市場機能が低下しているとの指摘には、動向を注視する姿勢を示した
  • 短期市場でのマイナス金利の背後には、ドル調達コスト上昇があると指摘も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング