「パレード」MVより

写真拡大

ロックバンド・BUMP OF CHICKENの新曲「パレード」のMVが公開となった。「パレード」は11月29日(土)より公開される映画『寄生獣』の主題歌として発表され、大きな話題を呼んでいる。

MVは1分30秒程度のショートバージョンであるものの、『寄生獣』に大体にフォーカスした内容となっており、大量の寄生生物らしき何かがうごめいていたり、BUMP OF CHICKENのフロントマンをつとめる藤原基央さんの右腕に寄生生物が寄生していたりと、そのグロテスクさも合わせて見ごたえ十分。楽曲のダークな雰囲気も作品にマッチしそうな内容となっている。

BUMP OF CHICKEN「パレード」ショートver.



BUMP-OF-CHICKEN_パレード2


BUMP-OF-CHICKEN_パレード3



山崎貴監督はBUMP OF CHICKENのMVを担当した経験も


映画『寄生獣』の山崎貴さんは、BUMP OF CHICKENの大ファンとして知られ、2006年には同バンドの楽曲「涙のふるさと」のMVを監督しているほか、同じく監督をつとめた映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の主題歌にもBUMP OF CHICKENの楽曲を主題歌に採用。

『寄生獣』でもBUMP OF CHICKENの新曲が主題歌に決定し、山崎監督の入れ込み具合がうかがえる。これまで数多くのアニメ、映画、ゲームの主題歌を手がけてきたBUMP OF CHICKENだが、今作もその注目度は高い。