●A 眠る人 B ラフさりげなく

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2014水あさと/株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/コミックうまのほね
<キャスト>
ひおたん:高森奈津美
先生:津田美波
腐ガール:竹達彩奈
カメ子:相沢 舞
つもりん:佐藤聡美
エロ本Gメン:小林ゆう
海雄:逢坂良太
カントク:松岡禎丞
ソムリエ:富田貴洋
SSD子ちゃん:桃井はるこ

●ストーリー
「コミック専門店 うまのほね」
そこではみんな何かのマニアだったり、コアなファンだったりと濃い目のキャラ多し。
新刊を並べたり、シュリンク掛けたり、女子力の低さに戦慄したり、エロ本大好き人間なのかと問い正したりと、真面目(?)に楽しく働きつつ、あだ名で呼び合う男子と女子の仲も急接近しちゃったり!?
イってるギャグと胸キュンな恋愛模様が止まらない、書店青春ラブコメ!
●オープニング
先生「お、おはようございます…。」

見た瞬間、死にそうな先生。仕事中も上の空。その理由は…。
●眠る人
とりあえず倉庫で先生を寝かせて、起きてから海雄が事情を聞き出すと、

先生「(この間の投稿)実は賞は取れなかったんだ。でも見込みがあるって言われて担当さんが付いたんだ。その紹介でアシスタントをしているんだけど…。」

アシスタント、同人誌制作、うまのほねのアルバイトとどれを優先させるべきか彼女なりに思案した所、

先生「今までお世話になりました!」
カントク「そうか、仕方ないな。」


この事は一瞬でうまのほねスタッフに伝わり、各人から様々な物をプレゼントされ、

海雄「先生、デビューしたら僕をアシスタントとして使って下さい!」

感動の別れ。しかしながら、

カントク「みんな、勘違いしてないか?」

何と先生、うまのほねのシフト回数が減っただけ!

※結果的に大筋は変わらず。

いや、海雄が先生のアシスタントになってしまうのが早まりましたが…。
●ラフさりげなく
先生「明日公開の映画を一緒に行こうか!」

成り行きで海雄を映画に誘った先生。ところが、

先生「これはデートじゃないか!」

そこで(先生なりの)お洒落をしようとするも、

すごく…、無理があります…。

ラフ神様「ラフさが欲しいか?」

必死にラフさをアピールするも、

先生、女子力大幅低下!

先生「今の私に足りないもの、セクシーさかな?」

そこでひおたんを招集してお洒落を相談するも、腐ガールとカメ子までやってきます。

※つもりんは多忙のため呼べず。

ひおたん「男の子が女の子に求めているものは?」
腐ガール「大きいおっぱ○かな?」


※これにはひおたん以外死亡!

ひおたん「男の子に成り切る事で男の子の気持ちを知る!」

これによって先生は、

先生「やっぱりおっぱ○だ!」

ひおたん、先生にレ○プされる!

先生の暴走、カメ子や腐ガールにまで及び、

全員死亡!

ひおたん「最後の手段、男の子に直接聞く!」

海雄を呼んで先生のコスプレを評してもらう事に!ところが、

海雄「何で、何で眼鏡を掛けてないんですか!」

※彼は眼鏡っ娘フェチのようです。

彼にとっては先生が眼鏡を掛けていれば服装はあまり重要では無いみたいです。

そう言えば映画には行かず仕舞い?「デンキ街の本屋さん」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「デンキ街の本屋さん」第7話「いざ銭湯へ…… 胸がいっぱい」(ネタばれ注意)
【アニメ】「デンキ街の本屋さん」第6話「宿はなし Secret Paradise」(ネタばれ注意)
【アニメ】「デンキ街の本屋さん」第5話「春にパンチラ I am Rain ざわめき」(ネタばれ注意)
【アニメ】「デンキ街の本屋さん」第4話「キングオブPOP chocolate panic」(ネタばれ注意)
【アニメ】「デンキ街の本屋さん」第3話「Party Hard ひおたんよ家に帰れ エンドレス・カルナバル」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「デンキ街の本屋さん」TVアニメ公式Webサイト
「デンキ街の本屋さん」AT-X公式Webサイト