●ネコでリテイク

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©「SHIROBAKO」製作委員会
<キャスト>
宮森あおい、ミムジー&ロロ:木村珠莉
安原絵麻 :佳村はるか
坂木しずか:千菅春香
藤堂美沙 :睫酲稟
今井みどり:大和田仁美
高梨太郎 / タロー:吉野裕行
本田豊:西地修哉
矢野エリカ:山岡ゆり
落合達也:松岡禎丞
瀬川美里:山川琴美
遠藤亮介:松本忍
木下誠一 / 木下監督:檜山修之
山田昌志:浜田賢二
円宏則:斎藤寛仁
下柳雄一郎:間島淳司
井口祐未:沼倉愛美
内田茜:高橋李依
渡辺隼 / ナベP:松風雅也
丸川正人:高木渉
杉江茂:小柳基
稲沢良和:岩田光央
佐倉良樹:高梨謙吾
新川奈緒:日野まり
堂本知恵美、中田恵理:伊藤静
興津由佳:中原麻衣
小笠原綸子:茅野愛衣
森しのぶ:高橋李依
相馬りな:田村ゆかり
縦尾まり:横尾まり
遠藤の妻:橋本ちなみ
宮森かおり:森谷里美

●ストーリー
シロバコとは映像業界で使われる白い箱に入ったビデオテープの事でありひとつの作品が完成した際に、制作者が最初に手にする事が出来る成果物である。
イラストや写真等で華やかに作られている販売用パッケージと比べれば、白い箱に入っただけのテープは地味かもしれない。しかし、そこにはクリエイター達の想いが詰まっている。

この物語は、5人の夢追う女の子を中心に、
シロバコの完成を目指し奮闘するアニメ業界にスポットを当て日々起こるトラブルや、クリエイティブな仕事ゆえに起こる葛藤や挫折、集団で作るからこそ起こる結束や衝突といったアニメ業界の日常を描いた群像劇作品である。

そして、5人が共に目指した夢への挑戦。
その先に見出す希望へと続くサクセスストーリー。

そう、アニメの今がここにある・・・
●オープニング
宮森あおいが朝、出掛ける前に突然の電話。

宮森かおり「今日、そっちに行くから!」

何と、姉・宮森かおりの襲来!
●同僚の退職
落合達也「私、落合達也は今週いっぱいで武蔵野アニメーションを退職することになりました。」

制作進行の落合達也の退職。そのため制作進行の宮森あおい、矢野エリカ、高梨太郎が「えくそだすっ!」の彼の担当話をスライドしているわけですが…。

落合達也は同業のスタジオカナンへ移籍。どうやら先方も来期の製作スケジュールがカツカツなためこの時期の移籍になったことに!

山田昌志「ぷるんぷるん天国よりまだマシだけどね。」

※ぷるんぷるん天国=作画崩壊、総集編3回など今世紀最悪レベルの木下監督の作品。

主要スタッフの誰かがいなくなったり滞ったりすれば「ヤシガニ」作品が出来上がるわけで…。
●宮森かおりの襲来!
宮森あおい「雲丹缶開いてる!」

姉・宮森かおりのおかげで雲丹缶開けられるわ高級シャンプー使われるはで散々な夜。

宮森かおり「絵麻ちゃん痩せた?」

安原絵麻は原画担当として一生懸命頑張っているものの、色々と無理をしているようです。とはいえ、宮森あおいとしてはあまり心配していなかったものの…。

ところが安原絵麻の仕上げた原画4カットについて作画監督瀬川美里から全てリテイク!

※作画監督の目から見て手抜きしているように見えているようです。

安原絵麻「リテイク…。それって原画マンとして失格ってことだよね…。」

丁寧に描けば時間が掛かり、早く描こうとすれば雑になる。原画担当としては誰しもこのようなジレンマに悩まされているわけですが…。

「SHIROBAKO」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「SHIROBAKO」第6話「イデポン宮森 発動編」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第5話「人のせいにしているようなヤツは辞めちまえ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第4話「私ゃ失敗こいちまってさ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第3話「総集編はもういやだ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第2話「あるぴんはいます!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「SHIROBAKO」TVアニメ公式Webサイト
「SHIROBAKO」AT-X公式Webサイト