●すれ違う流星

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©アトリエハイキー/内浜学園天文学会
<キャスト>
秋山奏:寺島拓篤
佐々木佳織:高田初美
古川ゆい:友永朱音
支倉愛理:瑞沢 渓
華宮凪沙:たみやすともえ
長船・KENNY・英太郎:山口勝平
東八重子:種敦美
深沢花梨:佐藤聡美
佐々木詩織:後藤邑子
山賀寧子:成瀬未亜

●ストーリー
21世紀の初めの、秋の内浜地区。
内浜学園は歴代最高潮の盛り上がりを見せていた。
執行部を中心に開催される、各文科会最大の見せ場・総合学会。
それは新校舎建設とともに、廃校が決まった旧校舎での最後のお祭りだった。
当然、各文化学会の会長たちをはじめ、学生たちは総力をあげてこの最後の文化祭を成功へと導こうとしていた。
何度も賞を取っている美術会の展覧会、吹奏楽会総出演の大公演会、植物遺伝子の組み換えで実績のある生物学会。
実力ある学会が参戦の名乗りをあげる度に、士気は高まっていく。

そして――
その士気の高さは主人公・秋山奏が所属する『天文学会』への期待へとつながった

活動内容不明・研究未発表・だけど彼らなら何かが起こる、何かが起こせる。
そんな希望的観測を基に、この会に課せられた使命はただ一つ。
『各学会による過剰なお祭り騒ぎの鎮圧や活動障害の撤去、そして夏前から先駆けて始まった不思議な事件の解決』だった。

立ち上がる校内屈指のビッグネームな学会メンバー。

校内の騒ぎの裏にこの人あり、合気道の達人・部長の支倉愛理。
第三十三回・お嫁にほしい女の子選手権、二年の部ダントツ一位の佐々木佳織。
時季外れの寡黙な転入生、古川ゆい。
毒舌教師ブレイカー・華宮凪沙。
さらには天文学会兼、アメリカからの交換留学生・長船・KENNY・英太郎。

全校の期待を背負い、最後の文化祭に向けて彼らが動き出した――
●オープニング
秋山奏「何なの佳織、先行くなら言ってくれ?」

佐々木佳織が秋山奏に断りなく出掛けるという事は今までなかったのですが…。その微妙な変化に気付いた古川ゆい。
●ちょっと変なあの子
秋山奏「あいつちょっと変なんだよな。」
支倉愛理「あの子の事、ちゃんと見てあげてね!」

天文学会では先日の写真を眺めている一同。その中でも、長船・KENNY・英太郎の「コマネチ」が最高!

※コマネチ=ビートたけしさんが女子体操選手のナディア・コマネチさんをモチーフに採用した一発ギャグ。

明らかに佐々木佳織の様子がおかしいものの、その誤魔化し方が妙にぎこちなく、逆に何か演技をしているかのようでもあり。

その日の夜は天文学会の活動、秋の夜空を眺める会。

※本来の天文学会の活動とも言えます。

流れ星への願い、それが何なのかは誰も分からず。
●思い出のキーホルダー
秋山奏「昨日、拾ったんだ。」

彼が拾ったキーホルダー。それは佐々木佳織が以前、川に流したぬいぐるみに似せて作られた物。彼女はそれを落としたものの…。

彼女の願い、それは彼と幼馴染としてでは無く恋人としての関係になりたい。それは彼も理解しはじめてはいるものの…。

佐々木佳織「私、奏くんが好きなの!」

彼女の告白、それに対して返事を躊躇う彼。それが彼女にとって思いがけないほどの重荷になっているようです。

古川ゆい「あと10分!」

彼女がバス停前で狼狽しているのは、彼女には何かが見えているため。そこにやってきた佐々木佳織、そして暴走するバス。

その結果は…。

「失われた未来を求めて」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「失われた未来を求めて」第7話「239万光年の想い」(ネタばれ注意)
【アニメ】「失われた未来を求めて」第6話「籠の鳥の進路相談」(ネタばれ注意)
【アニメ】「失われた未来を求めて」第5話「量子猫と雫の行方」(ネタばれ注意)
【アニメ】「失われた未来を求めて」第4話「幼き日の思い出」(ネタばれ注意)
【アニメ】「失われた未来を求めて」第3話「リロード?」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「失われた未来を求めて」TVアニメ公式Webサイト
「失われた未来を求めて」AT-X公式Webサイト