約4カ月ぶりの日本ツアー参戦となった松山英樹(22歳)が、宮崎県のフェニックスCCで開催されたダンロップフェニックス(11月20日〜23日)で優勝し、国内通算6勝目を飾った。

 17番のグリーンに立った松山は、トップの岩田寛(33歳)が通算15アンダーに伸ばして、通算13アンダーの自らと2打差開いたことをリーダーボードで確認した。2位に2打差をつけて単独首位(通算14アンダー)で最終日を迎えながら、松山はここまでにひとつスコアを落としていた。

「15番、16番でしょうもないボギーを打ってしまった。(17番は)絶対バーディーが必要な状況で、本当に大事なパッティングでした」

 最終18番が2オン可能なロングホールとはいえ、イーグルを奪える保証などない。優勝へ望みをつなぐ、バーディートライだった。下りのフックラインを読み切った松山は、約5mのパットを見事にねじ込み、小さなガッツポーズを繰り出した。同時に、会場には指笛が鳴り響き、この日一番の歓声が飛んだ。

「久々にイメージどおり打てたパッティングでした」

 続く18番パー5の第2打、さらに大きな歓声が沸き起こる。松山は、残り235ヤードを5番アイアンで渾身のショットを披露。グリーンのカラーながら、ピン奥およそ4mというイーグルチャンスにつけた。

「グリーン左のバンカーに入るか、入らないかのところ。(ボールが)なんとか踏ん張ってくれてよかった。(最後は逆転優勝を決められる)イーグルで終わったら『かっこいいな』とも思ったけど、そう簡単なパットではなかった。打ち過ぎると、傾斜にピンが切ってあるので、返しが難しくなる。プレーオフも想定してイーグルパットを打ちました」

 結局、イーグルは逃したものの、松山は難なくバーディーを奪った。勝負の行方は、通算15アンダーで並んだ岩田とのプレーオフにもつれた。

 岩田は普段から慕っている東北福祉大出身の先輩だ。しかし、松山が表情を崩すことはなかった。プレーオフで対峙した岩田が、「いつもと違う勝負師の目をしていた」と口にすれば、松山は苦笑いでそのときの心境をこう振り返った。

「(岩田とは)ゴルフで優勝争いしたときに会うことがなかった。ちょっとでも隙を見せたら負けると思っていました。それで、(先輩に対して)態度が悪いと思われても仕方がないような対応だったかもしれませんが、それぐらいの気持ちがないと勝てなかったと思う」

 そうして、プレーオフでは岩田がミスを連発し、無難にパーをセーブした松山が勝利した。自身が契約するメーカーの主催大会で、期待に応えて頂点に立った。

「めちゃくちゃうれしい。最近、こんなにうれしかったことはない。本当によかった。ホストプロとして"勝たないとダメ"みたいな雰囲気もありましたしね(笑)。今大会は、こんなに4日間を集中して戦った経験がないというくらい、集中していました」

 今回、松山は米ツアーでしのぎを削る同世代のジョーダン・スピース(21歳/アメリカ)と4日間プレイした。ともに優勝争いを演じてゲームを引っ張り、ふたりは世界ランキング上位選手(スピース=14位、松山=20位。11月23日現在)として、まさしく"世界標準"のゴルフを、日本のファンに見せつけた。

 最終的に3位タイでフィニッシュしたスピースが言う。

「ヒデキは、勝負師の本能を持っている。この4日間で多くのことを学んだ」

 プレーオフを争った岩田と、同世代のライバルであるスピースが、ともに「勝負師」という言葉を使って、松山の強さを表現したのは興味深い。

 振り返れば、米ツアー初優勝を飾ったザ・メモリアル・トーナメント(5月29日〜6月1日/オハイオ州)でも、松山はプレーオフを制している。勝負どころできっちりバーディーを奪って、プレーオフとなれば、しっかりそのチャンスをモノにする。今大会でも「勝負師」たるところを随所に見せた。

 しかし、松山に慢心はない。

「最終日の、プレッシャーがかかる中でのプレイがまだまだ。最終日に、優勝を争うときのプレイをもっともっと磨いていけるようにしたい。どうやって、それを磨けばいいのかわからないんですけど、(今後も)自分なりに試しながらやっていければいいな、と思います」

 松山の成長は、優勝スピーチにも表れていた。これまでは、うまく言葉が出てこないこともあったが、この日は明快な回答でファンを沸かせた。

「(日本に)パッと来た外国人選手に勝たれると、日本の男子は『何をやってんだ』と言われてしまうので、勝ててよかったです。次は(海外)メジャーで勝てるようにがんばります」

 日本ツアー最終戦の日本シリーズJTカップ(12月4日〜7日/東京都)には、同じスケジュールで開催されるタイガー・ウッズ主催のヒーロー・ワールド・チャレンジ(アメリカ・フロリダ州)に出場するために不参加。松山はそのまま、年明けから再開する米ツアーの2014−2015シーズンに挑むことになる。

 今年、アメリカと日本で1勝ずつ挙げた松山に、次こそ期待するのは、松山自身が明言した「メジャー制覇」である。

柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji