関脇・逸ノ城の15日間が終わった。結果は8勝7敗の勝ち越しだった。千秋楽、照ノ富士に2分11秒の熱戦の末、寄り切られた後の支度部屋で口を開いた。

「重かった。立ち合いが悪かった。何とかガップリ取れたけど......。稽古して次、また勝てるようにしたい」
 
 新三役、関脇での勝ち越しに怪物は「勝ち越せたのはよかったですが、全然ダメです。もっと稽古しないと上位には通じないことが分かりました」と反省した。先場所(9月)は13勝2敗の快進撃で一気に番付を上げた。10月、帯状疱疹で入院して秋巡業を途中休場。万全の体調ではなかった。それだけに場所前は「勝ち越せなかったらどうしようかと思った」と不安を隠さなかった。それでも8勝を上げて、来年に希望をつないだ。

 逸ノ城に沸いた九州(11月)場所だった。若貴全盛期の1997年以来、17年ぶりに初日が満員御礼でスタート。平日の木曜日だった12日目も満員御礼の垂れ幕が下がり、満員御礼は計7日間、うち札止めは4日間。観客動員も15日間すべてで前年を上回り、総動員は7万1445から8万2577へと約1万1000人も増えた。

 九州場所担当の松ヶ根部長(元大関・若嶋津)は「多くの力士が頑張ったおかげですが、やはり、逸ノ城が9月場所であれだけの活躍をしたのが大きかった。遠藤の時もそうだけど、新しい力士がパッと出てくると、お客さんはやはり注目するし、期待する」と話した。怪物への期待が、例年、閑古鳥の鳴いていた九州の風景を激変させたと言っていい。

 人気は沸騰した。成績も新関脇で勝ち越した。「初めての三役で勝ち越しはまずまずですよ」と北の湖理事長は及第点を与えた。歴代の大横綱でも新三役場所は、苦労している。

 北の湖は4勝11敗(1973年1月場所)、千代の富士も5勝10敗(1978年7月場所)だった。逆に1991年7月の貴乃花と2005年1月の白鵬は11勝4敗の好成績を収めている。つまり、新三役場所の成績だけで一概に将来を占うことはできない。普通の力士なら合格だろう。ただ、13勝2敗の快進撃を見せた先場所の衝撃があまりにも大きかっただけに、超スピード出世への期待値を考えると物足りなさを感じてしまう。

 期待された2けたに届かなかったことが、そんな感情を抱かせてしまう。大関昇進の内規は三役3場所で33勝以上。今場所10勝以上すれば、最短で来年夏場所の大関昇進への土台を築くこともできたが、その可能性はほぼ消えてしまった。

 星の中身を見れば、理由は明らかだ。横綱、大関の上位陣に14日目に稀勢の里をはたき込みで倒しただけで1勝5敗。3横綱、3大関時代の今、上位陣に5敗では10勝以上に白星を積み重ねることは不可能だ。新入幕の秋場所は、白鵬、鶴竜の2横綱と稀勢の里、豪栄道の2大関と対戦し3勝1敗だった。結果は13勝2敗。上位の壁に、2けたの白星ははばまれた。

「上位の人は研究している。立ち合いは低いし速い。自分は高いし遅いです」。12日目に大関・琴奨菊に完敗した後、駐車場へ向かう帰りの通路で逸ノ城は漏らした。

 北の湖理事長は言った。「初日の日馬富士の相撲を見て、みんなこう取れば勝てると分かったはずだ」。

 立ち合いで頭から突っ込まれ、右ののど輪で上体を起こされた。中に入られると苦し紛れにはたこうとするも、左の前回しを引かれ一方的に寄り切られた。立ち合いの踏み込みの遅さが怪物の弱点。中に入って速く攻めれば、攻略できることを上位陣は初日で見抜いた。

 加えて北の湖理事長は「体の大きい力士は、押されると腹を出す傾向にある。そうすると腰が伸びてしまう。上体が反る形になれば一気に持っていかれてしまう。そうなると、体が重いだけに自分の体重で体を支えきれなくなり後退してしまう」と分析。一気に攻め込まれると192センチ、199キロの巨体が大きなハンデになるのだ。

 明確な課題が浮き彫りになった新三役場所。一方で大きな手応えも得た。上位陣以外で土が付いたのは、中日の東前頭筆頭・栃煌山のみだった。番付下位に取りこぼさなかったことは、確かな実力を証明した。

 逸ノ城と同じ所要4場所で新入幕を果たし平成の新怪物とうたわれた元大関・雅山の二子山親方は「かなり早い時期に上に上がる可能性を感じた」と断言する。敗れはしたが鶴竜との2分26秒2の激闘にその可能性を見い出したと言う。

「回しを引けば絶対に負けないという自信を持っている。確かに立ち合いは遅いですが、自分の形に持っていけば負けない相撲を取れるのは最大の武器。そして、あの腰の重さは驚異的」

 歴史に名を残す横綱は、すべて万全の型を持っている。逸ノ城の右を差す、あるいは左上手を引けば揺るがない取り口は、将来への大いなる可能性を感じさせたことは確かだ。

 フィーバーの1年は終わった。「本当に早かった。早い1年でした」と逸ノ城。来年は、勝負の年になる。大関昇進、さらに綱をつかむには「もっと相撲を覚えること」と理事長は言った。「立ち合いの厳しさ、鋭さ、速さ。当たってからの差し方、回しの取り方、すべてを覚えていかないといけない」

 快進撃で初土俵から所要5場所で関脇まで駆け上がったが、言ってみれば入門してからまだ1年しか経っていない。

「まだまだ覚えることはたくさんある。すべてはこれから。負けたことを反省して、後は自分がそれをどう受け止めるか。勝ちたいと思えば、やることはただひとつ。稽古しかない。やることやらないで強くなった力士はいない」。優勝31回の元横綱・千代の富士の九重親方は、今後の飛躍はすべて本人の自覚だと言った。

 元横綱・大乃国の芝田山親方は、稽古の方法を工夫することを説いた。現役時代、200キロを超える体格だった親方。

「体が大きかったからスタミナが自分自身、課題だった。だから稽古では毎日、30分で30番を連続で取り組んでいた。待ったなしの申し合いを課すことで自分の中の弱点を克服しようと努めた」。

 横綱にまで昇進した力士は、例外なく猛稽古の伝説がある。「これからは親方と相談して、出稽古に行きたい。上位の人がいる部屋へ行きたい」と逸ノ城。語り継がれるような泥まみれの猛稽古を怪物が自分に課した時、大関、そして横綱への道が開いてくる。

福留崇広●文 text by Fukutome Takahiro