塩を学ぶ

写真拡大

公益財団法人「塩事業センター」の海水総合研究所(神奈川県小田原市)は、塩の品質についてやさしく学ぶ公開セミナー「SALT& SEAWATER SCIENCE SEMINAR(ソルト・アンド・シーウォーター・サイエンス・セミナー)」を東京都港区港南のコクヨホールで2014年12月2日に開催する。

学校で習った理科の知識で理解できる

塩に関するさまざまな情報を提供している毎年恒例の無料公開セミナー。今年は、「やさしく学ぼう、塩の品質に貢献する分析化学」をテーマに、学校で学んだ理科の知識で理解できる「塩の分析」に関わる情報を提供する。

塩にはさまざまな成分が含まれており、それらを分析することは、塩の品質評価や安全性の確認だけでなく、その技術は塩以外の分析にも適用できる。セミナーでは、分析化学の基礎や塩の分析方法の変遷、その活用法について「やさしく」学ぶことができる。

当日は、山梨大学名誉教授、山根兵(やまね・たけし)氏による「やさしい分析の話」や、海水総合研究所の研究チームリーダーである野田寧(のだ・やすし)氏による「塩試験方法の変遷と特徴」などの講演が予定されている。

会場では、人の暮らしに欠かせない塩についてわかりやすく理解するためのパネル展示も。コクヨホールはJR品川駅南口から徒歩5分。

13時から16時までを予定。先着300人で入場を締め切る。