人身売買の3分の1は子供が被害者…国連薬物犯罪事務所が警告

ざっくり言うと

  • 国連薬物犯罪事務所が24日、人身売買に関する2014年度の報告書を発表した
  • 10〜12年に確認された被害者のうち、18歳未満の子供が1/3を占めた
  • 「現代の奴隷制度」と表現し、被害の規模はもっと広いはずと警告している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング