ルーキーイヤーに年間王者となったコ(Photo by Sam Greenwood/Getty Images)

写真拡大

<CMEグループ・ツアー選手権 最終日◇23日◇チバロンGC >
 米国女子ツアー最終戦「CMEグループ・ツアー選手権」の最終日。この日4つスコアを伸ばしたリディア・コ(ニュージーランド)、カルロタ・シガンダ(スペイン)、ジュリエッタ・グラナダ(パラグアイ)がトータル10アンダーで並んでホールアウト。勝負の行方はプレーオフに持ち込まれた。
人気女子プロの特選フォトを「写真館」でチェック
 プレーオフ2ホール目でグラナダが脱落。そして4ホール目にボギーを叩いたシガンダに対し、コはパーをセーブ。この結果コが今季3勝目を挙げ、今季から新たに採用されたポイントレース“レース・トゥ・CMEグローブ”でも首位となるビッグボーナス150万ドルを獲得。ルーキー・オブ・ザ・イヤーとポイントランキング年間王者の2冠に輝いた。
 2打差の4位にはモーガン・プレッセル(米国)、3打差の5位タイにはミシェル・ウィ(米国)とサンドラ・ガル(ドイツ)が入った。ステイシー・ルイス(米国)は9位タイに終わり年間王者はコに譲ったが、賞金女王とベア・トロフィ、プレーヤー・オブ・ザ・イヤーの3冠を獲得した。
【最終結果】
優勝:リディア・コ(-10)
2位T:カルロタ・シガンダ(-10)
2位T:ジュリエッタ・グラナダ(-10)
4位:モーガン・プレッセル(-8)
5位T:サンドラ・ガル(-7)
5位T:ミシェル・ウィ(-7)
7位T:朴ヒーヨン(-5)
7位T:リュウ・ソヨン(-5)
9位T:ステイシー・ルイス(-4)他
60位T:上原彩子(+15)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>