いつの間にか、大人が使うサービスになっていたようです。

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)として確固たる地位を築いているFacebook(フェイスブック)ですが、若年層の利用者が急減しています。英国メディアのDailyMailが伝えていました。

フェイスブックそのものについては、以下の記事をご覧ください。

【1分でわかるSNS事典】 第2回:世界最大!実名でつながる「Facebook」

2014年の春、米国では10代の若者のうち、72%がフェイスブックを利用していました。しかし、それからおよそ6ヶ月が経過した2014の秋、なんと利用者が45%にまで減少してしまったのです。

これは、驚くほど大きな落ち込みです。ただし、全体でのフェイスブック利用者は増加を続けていますので、10代の利用者だけが極端に減っているということになります。

若者に人気のSNSは「インスタグラム」

ではその逆に、若者に人気のSNSはなんなのでしょうか。

現在最も米国で10代のユーザーが多いのは、「Instagram」(インスタグラム)です。2014年春に69%だったユーザー数が、秋には76%にまで増加しました。

インスタグラムは、写真を手軽に加工して共有できるSNSです。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

【1分でわかるSNS事典】 第5回 :女性に人気! 写真でつながる「Instagram」

次いで多いのが、Twitter(ツイッター)の59%、3番手にフェイスブックの45%となっています。


「若者の文化」として始まったSNSですが、いつの間にかフェイスブックは「大人のSNSサービス」となってしまいました。これからは、SNSをやっているから若者文化に理解があるとは、言えなくなってしまうのかもしれません。

とはいえこういったサービスは、自分が使いやすかったり、便利だと感じるものを選んで使うべきです。現在のフェイスブックに満足しているのであれば、無理に若者についていく必要はないと思いますよ。


Facebook is over for teens - and Instagram and Twitter are the most popular social networks among American children[DailyMail via ロケットニュース24]
Photo by Thinkstock/Getty Images