千原ジュニア

写真拡大

23日放送の「オモクリ監督〜O-Creator’s TV show〜」(フジテレビ系)で、千原ジュニアが、矢口真里の不倫騒動を元にしたかのような映像作品を発表した。

番組では、毎回出演者たちがテーマを元に映像を監督し、その面白さを競う。この日の放送で、千原は「知る人」と題した作品を現在構想中の映画予告編として公開した。

映像では、帰宅した新婚の男性が妻の不倫現場に遭遇し、怒号飛び交う修羅場を経験する。映像の終盤には、テロップ「矢口る人」の「口」が徐々に小さくなり、タイトル「知る人」に変化する場面も登場した。この演出にスタジオの出演者は爆笑した。

スタジオで千原は、作品のコンセプトを「そういう、いろんな人間模様があったりするんじゃないかなっていうことで」と言葉すくなに語った。

すると、伊集院光は「(映画化のおりには)小柄な女優をね、選ばれて」「なんならもっと適任の方を直接オファーすると出てくるかも」と、意味深な発言でスタジオを沸かせた。

【関連記事】
有吉弘行が不倫について持論 「この風潮が、矢口の復帰を許したのかな」
土田晃之が矢口真里の復帰にダメ出し「もうちょっとコテンパンにされないと」
「ミヤネ屋」が矢口真里復帰について芸能人からのコメントをまとめて紹介