写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2005年から放送スタートした『牙狼<GARO>』シリーズを楽しむ「金狼感謝祭-2014-」が23日に放送され、番組内で2015年における『牙狼<GARO>』シリーズのさまざまな新展開が発表された。

まずは、道外流牙を主人公とした新シリーズ『牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔』。2015年3月28日に劇場版が東京・新宿バルト9ほかで公開、2015年春よりTVシリーズがスタートする。道外流牙は、2013年に放送された特撮TVドラマ『牙狼〈GARO〉〜闇を照らす者〜』の主人公で黄金騎士・ガロを受け継いだ青年。劇場版の監督・脚本は雨宮慶太氏が務め、栗山航、南里美希、桑江咲菜、井坂俊哉らが出演し、「金狼感謝祭-2014-」の番組内では、劇場版とTVシリーズの特報が公開されていた。

そして、以前から雨宮監督が女優・秋元才加の演技に惚れ込み、熱望していた『牙狼<GARO>-魔戒ノ花-』の媚空を主人公にしたスピンオフ作品の制作が决定。媚空は引き続き秋元が演じ、劇場版『媚空-ヤミギリノチ-』として2015年10月に公開が予定されている。また、『牙狼<GARO>-魔戒ノ花-』の主人公・冴島雷牙をメインに据えた劇場版の製作も決定し、「歴代最強の黄金騎士」と称された雷牙の新たな戦いが描かれるという。

『牙狼<GARO>』シリーズ10周年を飾る新プロジェクトとしては、「魔戒歌劇団」を結成。。本プロジェクトは、まだ謎のベールに包まれているが、詳細は、GARO PROJECT -牙狼<GARO>-オフィシャルサイトにて、追って発表される。さらに、現在テレビ東京系列にて放送中のTVアニメ『牙狼<GARO>-炎の刻印-』のシリーズ第2弾の製作も決定し、劇場版の企画も進行しているという。

『牙狼<GARO>』シリーズは、派手なアクションと雨宮監督が生み出す独特の筆文字を取り入れたスタイリッシュな映像と最新のCG/VFX技術を駆使し、独自の歴史を作ってきた大人のための特撮ドラマ。現在は、「魔女狩り」が行われていた中世ヨーロッパを舞台に、黄金騎士の血を引く少年レオン・ルイスと国を追われた王子アルフォンソを描いたTVアニメ『牙狼<GARO>-炎の刻印-』がテレビ東京ほかで放送中。

(C)2014「GOLD STORM」雨宮慶太/東北新社(C)2015 雨宮慶太/東北新社(C)2015「媚空」雨宮慶太/東北新社