DMCIのコンドミニアムの外観はどこのプロジェクトも同じだが、なかなか味のある仕上がりだ【撮影/志賀和民】

写真拡大

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する志賀さんが、マニラでのコンドミニアム購入を手助けして知った取引完了までの複雑な書類と手続き。購入したコンドミニアムは快適そうですが……。

 先ごろ退職ビザを取得した退職者が、さっそくコンドミニアムを購入された。知人のいるDMCI HOMESのSiena Parkで、スカイウエイのビクータン出口にほど近いところにある建設済みの物件だ。車がないとちょっと不便だが、SM(スーパーマーケット)に歩いて行けるのが売りだ。

 はじめは、PRA(フィリピン退職者庁)預託金(退職ビザ取得に必要な保証金)を購入費の一部に充当する予定だったが、DMCIと打ち合わせると、どうもPRAの要求する書類をすみやかに揃えることが例のごとく難航しそうだった。そこでまず別途の資金で購入し、タイトル(不動産の名義人)が退職者名義に移動されてからPRA預託金を引き出すという代案で進めることにした。

 すでに完成済みということで、支払い完了後、すみやかに引き渡されるものと想定した。しかし実際は、全額を支払って売買契約が完了してから最終仕上げにかかるということで、それに2カ月を費やしてしまった。そしてようやく引渡しにこぎつけ、最終検査のあと鍵を受け取って無事に終えた。

 しかしユニットが引き渡されたとはいえ、まだまだ予断を許さない。こちらはすでに購入価格の全額を支払い条件を満たしているにもかかわらず、DMCI からは何一つ必要書類が手渡されていないのだ。取引を完璧にするため、下記の5つの書類を手にするまで決して安心してはいけない。

1.OR(Official Receipt):領収書は支払いと同時に渡されるもののはずだが、エージェントの仮の領収書がその場で発行されただけで、ORの発行には1週間かかるという。それが1カ月後くらいになってようやく発行され、Eメールでスキャンコピーがエージェントから送られてきた。その後もエージェントが預かったままで、引渡しのときになっても手にすることができていない。

2.売買契約書(Deed of Absolute Sale):これもお金の支払いと同時に双方が署名して渡されるべきものだが、発行は1カ月後になるという。ユニットと駐車場、それに物干し場の3つの契約が、それぞれ10部、10ページくらいあって、全部で300枚に署名するのは大仕事だったので、さもありなんと思ったが、2カ月後の引渡し時点でも手にできる気配がまったくない。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)