現存するヨーロッパ最古のシナゴーグといわれる「新旧シナゴーグ」=プラハ【撮影/AIC】

写真拡大

チュニジア、エジプト、リビアと革命が続く中東。今でも毎日のように、テロや紛争のニュース が絶えません。なぜ中東では革命や政変がこんなに起こるのでしょうか。今回から2回にわけて、ユダヤ人がイスラエル建国にいたるまでの歴史的背景に迫ります。

 イスラエルという国は世界に離散していたユダヤ人が帰還して安全に暮らすために、1948年に建設された国家です。では、なぜユダヤ人はイスラエルの地を追われて1800年以上も経過してから、国家を建設することになったのでしょうか?

 今回と次回の2回に分けて、ユダヤ人が国家を建設しようとする経緯、シオニズムと呼ばれる国家建設運動が生まれるまでの背景と、シオニズムが生まれてから建国までの歴史的経緯について説明してみたいと思います。

ユダヤ人とは誰か?

 ユダヤ人が国家を失ったのは西暦70年で、ローマ帝国によって滅ぼされました。135年には、ローマ帝国に対して反乱を企てたとして、ユダヤ人はエルサレムから追放されてしまいます。つまり、135年から1948年までユダヤの人々は国家建設をすることができず、各国に離散して住んでいたことになります。

 では、そもそもユダヤ人とは、いったいどのような人々なのでしょうか? イスラエルの帰還法(イスラエルが国籍を認可するための法律)によれば「ユダヤ人を母に持つ者、ユダヤ教を信奉した者、もしくは改宗を認められた者」とされています。けれども、一般的には、父がユダヤ人で母が他民族の場合でも、子どもはユダヤ人として扱われることが多いようです。

 ユダヤ人の定義となっているユダヤ教とは、ヤハウェを神とする一神教です。キリスト教、イスラム教という他の三大宗教と同様に、旧約聖書を聖典とみなしていますが、独自のタルムードという聖典もあります。キリスト教では牧師や神父が教会を取り仕切っているように、ユダヤ教ではラビとよばれる聖職者が、シナゴーグ(礼拝施設)を取りしきっています。

 特徴としては、ユダヤの民だけが唯一神に選ばれた民であるという選民思想を有し、独自の暦や安息日(休日)、割礼といった固有の行動規範があります。他の宗教の者が改宗する場合は、この行動規範を尊守したうえで、ラビの許可が必要となるため、かなり困難だといわれています。

 こうしたユダヤ人と呼ばれる人々は2010年には、世界全体で1358 万人、そのうちの570.4万人(約42%)がイスラエルに居住しています。次に多いのはアメリカの527.5万人(39%)、フランス48.4万人(4%)、カナダ37.5万人(3%)となっています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)