11月16日、最後のホームゲーム終了後。観客への挨拶のために歩み出たINAC神戸の高瀬愛実は、今シーズンを振り返ったところで言葉を詰まらせた。悔し涙の訳はその成績にある。エキサイティングシリーズ(※)へ進出したものの、最終節を前に最下位に沈んでいるINAC。昨シーズン4冠を達成した常勝軍団の歯車はどこで狂ってしまったのだろうか。
※レギュラーシリーズ18節を10チームで戦い、上位6チームがエキサイティング上位シリーズへ進み10節を戦う。

 厳しい戦いになることは、選手たちも覚悟して臨んだシーズンだった。主力クラスからチ・ソヨン、川澄奈穂美、近賀ゆかり、ゴーベル・ヤネズ(レンタル移籍)が抜け、若手にシフトチェンジしなければならなくなった。なでしこリーグレギュラーシリーズはまさかの5位。上位6チームで戦うエキサイティングシリーズに入っても、地道に勝ち点を拾い、浮上のきっかけを探っていたが、上位チームに連敗を喫した第5節で前田浩二監督が辞任。残り3節となったところで、ミャンマー女子代表監督をしていた熊田喜則監督が後を引き継ぐという波乱が起きた。

 これまでスター選手を抱え、超攻撃型サッカーを展開していたINACは、攻撃力が半減したことに伴い、守備の脆さを露呈することになった。攻め込まれる機会の少なかったチームだっただけに、劣勢の中での守備に慣れていない。結果を出せない日々は選手たちを負の連鎖へ引きずり込んだ。

 シーズンを通して気になったのは若手選手のフィジカルと技術だ。コンタクトプレイで、簡単に体の軸をブラされる場面を1試合で何度も目にする。距離を必要とするパスや、ファーストタッチにも雑さが目立つ。アンダー世代の代表が名を連ね、技術には長(た)けているはずの選手たちだが、今シーズン目立ったのは、止める、蹴る、キープするという基本的な要素の質の低下だった。

 中心選手である澤穂希は「ウォーミングアップは体を温めるだけのものではない」という。たとえば二人一組でロングボールを蹴る数分間は、長くボールを運ぶためだけのものではない。ボールの当て所、蹴るボールの種類、正確さ、受けるときのファーストタッチ、その際の自分自身の筋肉の感覚など......気にすべきことを挙げればキリがない。すべてのメニューに付加価値をつけるのは自分自身だ。体幹トレーニング、走り込みも同じ。出場機会が限られる選手も多いが、だからこそ、ベースの部分はしっかりと高めていなければならなかったはずだ。土台さえしっかりとしていれば、その上にどんな戦術を乗せてもグラつくことはない。

 今シーズンは特に他チームがしっかりと土台を作り上げてきていただけに、ベースの差が明確に出たように見えた。学生時代に通用していた技術レベルをいまだ日本女子サッカーのトップリーグ仕様にギアチェンジしきれていない印象がある。ともすれば退屈でもあるベースの向上を甘くみたツケが回ってきている気がしてならないのだ。

 そんな若手の中でとりわけ多くのチャンスを与えられたのが増矢理花。JFAアカデミー福島から入団したてのフレッシュな選手だ。

「チャレンジリーグ(※)ではなんとなく守備をしてもボールが取れてたけど、なでしこリーグはちょっとの揺さぶりじゃブレてくれないし、守備も背中で相手を見なきゃいけなかったり、とにかく想定外のことだらけでした」(増矢)

※日本女子サッカーリーグの2部リーグの愛称

 当然、何度も失敗を繰り返す。一瞬で囲まれることも多く、ボールを奪われるのを恐れるあまり、安全策を優先してしまう事態にまで陥った。一方でそれは、トップリーグの洗礼を浴び、正しく壁にぶつかっていると言える。試合を重ねるたびに自分からの要求も出てきた。その答えを見つけるべく、自分に必要なものとして、黙々と走り込みをする。これまた正しい壁の乗り越え方だ。しかし、この流れに持っていける選手は一握り。わずかな出場機会にかける選手たちはさらに気持ちを強く自分に厳しくしなければベースは高められない。こじゃれたパスを1本通すよりも、まずは的確なパスを3本通すことが先決だ。

 INAC再建にもっとも必要なものがコミュニケーションだ。シーズン当初はベテラン勢が若手に根気強く話をする場面も見られた。しかし、なかなかチームとして結果を出せない状況が続き、今ではそこに溝すら感じてしまう。与えられることに慣れてしまった若手と、与え続けることに疲れてしまったベテランといったところだろうか。会話はキャッチボール。互いに意見を出し合って初めて成立する。良くも悪くも一方通行は疲弊するものだ。

 その間をつなぐ中堅選手が少ないことも要因のひとつだろう。高瀬や中島依美がそこを担うが、もっとも適任なのがドイツから戻ってきた田中明日菜だ。2週間前に合流した田中は登録の関係でエキサイティングシリーズに出場はできない。彼女はその環境下で冷静にチームを分析していた。

「自分がもしCBとして入ったら、前線がいい形でボールを受けられるように相手をはがしてからボールを味方に付ける」と自身を置き換えながらシミュレーション。「声出しもどんどんやる。DFは声出してナンボでしょ」と笑う。攻撃も守備もチャレンジ&カバーが基本だ。そこにコミュニケーションは不可欠なのである。

 チームを再構築するために、今こそ原点に立ち帰る時期なのではないだろうか。世代交代でチーム構成が大きく変わるときは、必ず試練が伴うもの。乗り越えられれば、必ず成長につながるはずだ。まずは明確なチームコンセプトを打ち出し、しっかりと全員のベクトルを合わせること。今週末のリーグ最終節を終えれば、翌週から開幕する皇后杯が今シーズン最後のタイトル争いとなる。初戦まで約3週間(INACの初戦は12月13日)。INACは決死の生まれ変わりを果たせるだろうか。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko