<ダンロップフェニックス 最終日◇23日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」の最終日は首位に4人が並ぶ大混戦となった。この日、単独首位スタートの松山英樹は前半2バーディ・2ボギーのパープレーで通算14アンダーは変わらず。その松山を追いスタートしたジョーダン・スピース(米国)、I・H・ホ(韓国)、ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)の3人が松山を捉え首位に並んだ。
 4打差の通算10アンダー5位タイには岩田寛とクリス・ストラウド(米国)。続く通算9アンダー7位に宮里優作がつける。通算8アンダー8位タイには小田孔明、武藤俊憲、稲森佑貴の3人。さらに片山晋呉とブラッド・ケネディ(オーストラリア)が通算7アンダーで11位タイとしている。
 この日36位タイからスタートした石川遼は2バーディ・3ボギーで1つ落とし通算イーブンパー37位タイ。また、今大会の大物ゲスト一人、ウェブ・シンプソン(米国)は通算7オーバーで58位タイにつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>