フジモリ元大統領の自宅服役請求をペルー最高裁が棄却

ざっくり言うと

  • 収監中のフジモリ元ペルー大統領の自宅服役請求が、棄却された
  • 生きて終える見込みがない刑期は「緩やかな死刑」と主張したが、認められず
  • 左翼ゲリラ壊滅過程での25人殺害の事件で訴追され、禁錮25年となっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング