ガンズ題材の映画製作が始動、アクセル・ローズ含めメンバーも脚本確認。

写真拡大

ガンズ・アンド・ローゼズを題材にした映画が製作されるようだ。

2008年のマーク・カンター著「レックレス・ロード:ガンズ・アンド・ローゼズ・アンド・ザ・メイキング・オブ・アペタイト・フォー・デストラクション」を基にした同バンドの映画製作の話が始動しているようで、カンターはその同作が「クール」なものになり、丁寧に作られることを約束するとファンフォーラムに投稿した。

「脚本に対して僕は沢山の意見をいえるんだ。まだ調整中だけど、今のところいい感じだよ」
「キャストのみんながちゃんとそれぞれの役割を果し、バンドに対して十分で完全な評価を示していることが見えるよ。僕はそこに居合わせていたから、バンドが参加したいろいろなイベントでバンドがどんな会話があったか知っているんだ。誰がこの映画を製作しているかを知った時に、みんなもこの映画がとてもクールなものになるってわかると思うよ。このプロジェクトに対して尽力したことすべてを誇りに思うよ。楽しくなるよ!」
「『ロック・スター』みたいな安っぽい映画にはならないよ。素晴らしいストーリーがここにはあるから、アウトテイクでさえ良いものになるよ」

フロントマンのアクセル・ローズはこの映画に本格的に関わらないものの、彼も含めたバンドメンバーが脚本をチェックし、修正を少し加えるようだ。カンターは、さらに次のように投稿している。

「ちゃんと正確なものにすることがゴールなんだ」
「ご存知のように、アクセル・ローズはライブでプレイする以外、このバンドを助けることはないんだ」
「だけど、誤って伝わってしまったアクセルに対する昔の話を修正できることができるっていうことを喜んでいると思うんだ」